結婚
新婚の3年間は、夫婦生活で一番大切な時期。
結婚
「新婚旅行は1回だけ」というルールはない。
結婚
恥ずかしがらずに手をつなぐから、夫婦仲が深まる。
結婚
見送るだけで、夫も妻も、力がみなぎる。
結婚
キスで始まり、キスで終わる。
これが新婚の素晴らしさ。
結婚
家の中にいるときも、手をつなぎたい。
結婚

新婚生活3年間にしておきたい
30のこと

読んだ お気に入り4
2

新婚とは、
どのくらいの期間をいうのか。

新婚とは、どのくらいの期間をいうのか。 | 新婚生活3年間にしておきたい30のこと

新婚とは、どのくらいの期間をいうのでしょうか。

辞書で「新婚」という言葉を調べると「結婚したばかりであること」とあります。

厳密な期間は、定義されていません。

つまり「新婚の期間とは人それぞれ」ということです。

 

さて、仮に30歳で結婚したとします。

80歳まで夫婦で生きるとすれば、50年間も付き添うことになります。

50年間といえば、半世紀ですね。

50年間という長い期間から考えれば、新婚は「結婚してから3年間」と考えるくらいが適当ではないでしょうか。

新しい生活に慣れるには、時間がかかるものです。

結婚して最初の3年間は、まだ不安定な生活が続きます。

そういう意味でも、結婚して最初の3年間は、新婚の状態が続くと考えていいでしょう。

なにより「3」という数字は、数多くの場面で見られる数字です。

新入社員は、入社3年間が勝負と言われます。

子育ても、3歳までが特に大切と言われます。

新婚もまた「3」という数字にあやかることで、実りの多い新婚生活を送れるに違いありません。

結婚してから3年間は、特に大切な時期です。

存分に、新婚生活を楽しみましょう。

まとめ

新婚生活3年間にしておきたいこと その2
  • 「新婚とは、結婚してから3年間」と考える。
結婚を誰より祝福するのは、自分たち2人。

もくじ
新婚生活3年間にしておきたい30のこと
新婚とは、どのくらいの期間をいうのか。 | 新婚生活3年間にしておきたい30のこと

  1. 新婚の3年間は、夫婦生活で一番大切な時期。
  2. 新婚とは、どのくらいの期間をいうのか。
  3. 結婚を誰より祝福するのは、自分たち2人。
  4. キスで始まり、キスで終わる。
    これが新婚の素晴らしさ。
  5. 世界で一番幸せなカップルになるのは、一言あればいい。
  6. 結婚して愛情表現が変わっても、愛情の量は変えない。
  7. 唇ばかりのキスは、飽きてしまう。
  8. 結婚式の写真が、夫婦としての自覚を促す。
  9. 新しい名字は、違和感がなくなるまで、声に出して紙に書く。
  10. 見送るだけで、夫も妻も、力がみなぎる。
  11. 夫婦の存在感を強くする、3つの言葉。
  12. 恥ずかしがらずに手をつなぐから、夫婦仲が深まる。
  13. 家の中にいるときも、手をつなぎたい。
  14. 夫や妻という役割に慣れるには、時間がかかるもの。
  15. 1日1回は「愛している」。
  16. 愛という言葉が、日常生活にどれだけ登場していますか。
  17. 夫婦でお風呂に入るのは、夫婦仲を深める大切な習慣。
  18. お互いの親を含めて、家族。
  19. 親に頼るのも、1つの能力。
  20. 誰でも最初は、子育てに不安がある。
  21. 妥協を繰り返すことで、理想的な夫婦像へ仕上がる。
  22. 家庭以外の人間関係も、幸せに気づかせてくれる大切な存在。
  23. 「新婚旅行は1回だけ」というルールはない。
  24. ささいな喧嘩は、キスで仲直り。
  25. 新婚夫婦にとって、一番大切な家具とは。
  26. できるだけ一緒にベッドで寝る。
  27. 激しいセックスができるのも、若いうちだけ。
  28. パステルピンクを含んだ寝室は、性欲を高める。
  29. 子作りだけが目的のセックスなんて、つまらない。
  30. 接する時間は短くてもいい。
    接している時間を濃くすればいい。

同じカテゴリーの作品