人生の教科書



読み上げ動画・音声
メイク
光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。
メイク
光を与えるハイライトは、少し明るめがちょうどいい。

10歳若られる
30メイク方法

お気に入り2 読んだ
18

パール入りのハイライトをつけると、
若返りの効果倍増する3カ所とは

やが失われた肌は、老けた顔に見える原因の1つです。

年を重ねると、肌の表面が粗くなるので、つやが失われてしまうのです。

メイクによって意図的につやを与える方法があります。

パール入りのハイライトです。

単なるハイライトではなく「パール入り」がポイントです。

明るいハイライトによって、肌のくすみが消えるだけでなく、パールによって若々しいつやが出てきます。

明るさとつやを同時に表現することができるのです。

 

ただし、パール入りのハイライトを顔中につけるわけではありません。

ある特定の部分につけることで、若返りの効果が倍増します。

  1. 目の下

年を重ねると、目の下のくぼみが気になり始めます。

くぼむと影ができやすいので、パール入りのハイライトで、明るさを取り戻しましょう。

立体感が出て、目の下が膨らんでいるように見えてくるのです。

  1. おでこ

顔の中で面積の広いおでこは、顔の明るさを象徴する部分です。

 

ただし、前髪を下げている場合は、おでこが隠れてしまうため、ハイライトは不要です。

  1. 顎先

顔の先端である顎先が明るくなることで、顔全体を明るくさせる効果があります。

また、顎先は影になりやすい部分ですから、明るくなると、若々しい印象が復活します。

 

ただし、あまりつけすぎると不自然に見てしまうため、さりげない程度で抑えるようにしましょう。

10歳若く見られるメイク方法 その18

  • ・おでこ、
    顎先3カ所パール入ハイライトをつけて、
    若々しいつやを

同じカテゴリーの作品