モテたい

モテる人になる
30の方法

  • モテる人とは、
    好感が持てる人のこと。
モテる人になる30の方法

もくじ

モテる人とは、好感が持てる人のこと。

モテる人とは、好感が持てる人のこと。

モテる人になるために、どうすればよいのでしょうか。
モテる人になるには、好感が持てる人になればいいのです。
モテる人は、みんなから好感を得ている人です。

先に話しかける人が、好印象を持ってもらえる。

先に話しかける人が、好印象を持ってもらえる。

相手に好印象を持ってもらうのは、簡単です。
先に話しかけることです。
自分をアピールする人は、自分から先に話しかけることができる人です。

自己開示をすると、好印象を持ってもらえる。

自己開示をすると、好印象を持ってもらえる。

普通は出会ったばかりの人に、自分のプライベートなことは話しません。
プライベートなことは、自分が仲良くなってから、少しずつ話していくものです。
それを「自己開示」といいます。

誕生日を覚えていてくれると、嬉しくなる。
印象に残る。

誕生日を覚えていてくれると、嬉しくなる。印象に残る。

自分の誕生日を覚えていてくれると、嬉しいものです。
相手に自分のことを印象づけてもらうために、相手の誕生日を覚えると、喜ばれます。
私の誕生日は、7月7日です。

好印象を持たれる人は、紹介された人より、紹介する人だ。

好印象を持たれる人は、紹介された人より、紹介する人だ。

ある日、私が友達の家に遊びに行ったときのことです。
友達の家には、すでにお客さんが5人いました。
みんな私の知らない人ばかりです。

「驚く人」が、好印象を持たれる。

「驚く人」が、好印象を持たれる。

「驚かす人」と「驚く人」、どちらが好印象を持たれると思いますか。
実は「驚く人」のほうが圧倒的に好印象を持たれるのです。
「驚く」という行為は、芸能人の「明石家さんま」さんが得意です。

悪口をやめるだけで、モテる。

悪口をやめるだけで、モテる。

人付き合いを上手にするために、悪口をいうのはタブーとされています。
これは、もちろん好印象を持ってもらうためにも大切なことです。
悪口を言っている人は、相手の悪い部分を他人に話していると言うことです。

無表情の人より、笑顔の人が、愛される。

無表情の人より、笑顔の人が、愛される。

人からモテるようになるコツは、明るくなることです。
明るくなるコツは、笑顔になることです。
私の友達に、笑い上手な人がいます。

迷惑を事前に防ぐ人が、印象に残る。

迷惑を事前に防ぐ人が、印象に残る。

高校卒業後の同窓会でのことです。
みんなが久しぶりの再会を果たし、会話も盛り上がりました。
それで、ついお酒の量も増えていきます。

「白」が、相手によい印象を与える。
白い服で、清潔さをアピールできる。

「白」が、相手によい印象を与える。白い服で、清潔さをアピールできる。

印象の良い色というのは、白のことです。
たとえば、白い服は、清潔感をアピールできます。
清潔感をアピールできるということは、相手によい印象を持ってもらえるということです。

握手に始まり、握手で終わると、もっとよい印象を持ってもらえる。

握手に始まり、握手で終わると、もっとよい印象を持ってもらえる。

アメリカ人は、握手をするのが上手です。
初めて会うときや、別れるとき「ありがとう」や「これからもよろしく」を表現したいときなど、さまざまな場面で握手します。
握手は、お互いによい気分になれます。

好感が持てる人は、積極的な人だ。

好感が持てる人は、積極的な人だ。

ある雑誌でインタビューされている記事が掲載されていました。
写真も載っています。
インタビューする人とされる人、2人が映っていましたが、私はあることに気づきました。

できないから厳しくするのではなく、できないからこそ優しくする。

できないから厳しくするのではなく、できないからこそ優しくする。

仲間外れにされたり、1人きりになったりすると、誰であれ寂しいものです。
特に学校のテストでは、必ず点数がつきます。
もちろんよい点数の人もいれば、悪い点数の人もいます。

仕方なくなのか。
好きだからなのか。

仕方なくなのか。好きだからなのか。

行動するときに、好きだからしている人には、好感が持てます。
たとえば、美容師を仕事に選んだ理由です。
「仕方なく」と答える人より「好きだから」と答える人のほうが、安心します。

日本アニメ「アンパンマン」には、珍しい特徴がある。

日本アニメ「アンパンマン」には、珍しい特徴がある。

日本アニメの1つ「アンパンマン」があります。
単なるアニメのヒーローに思えますが、そうではありません。
一般的なヒーロー漫画にはない、珍しい特徴があります。

共感されると、ほっとする。
共感が人を癒していく。

共感されると、ほっとする。共感が人を癒していく。

人は、不安であるときに共感されると、ほっと安心します。
よい医者は、まず言葉で人を治療しようとします。
病院に来るくらいですから、みんな不安でいっぱいの人です。

人間は、不完全な人間に好感を持つ。

人間は、不完全な人間に好感を持つ。

異常に勉強ができる人は、どの学校にも一人はいるものです。
私が学生時代も、よく勉強ができる生徒がいました。
全科目が、いつも100点です。

外見と内面の差が大きい人ほど、印象に残る。

外見と内面の差が大きい人ほど、印象に残る。

人間には、必ずしも見た目のままが、その人の心を映しているとは限りません。
中には、見た目とキャラクターが、全然違う人がいます。
つまり、外見と内面が全然違うことです。

「明るい」という磁石は、人の好感を引き寄せる力がある。

「明るい」という磁石は、人の好感を引き寄せる力がある。

生命が誕生した理由の1つに、太陽の存在があります。
ただ太陽があればいいわけではありません。
太陽の明るさが、地球の自然を作り出しました。

感謝は本人だけでなく、相手の家族にも言うことが大切。

感謝は本人だけでなく、相手の家族にも言うことが大切。

私の家で焼き肉パーティーがあったときのことです。
仲のいい友達同士が集まり、みんなが少しずつ材料を持ち寄り、みんなの協力でパーティーが開かれました。
ただ焼き肉の機材だけがなかなか見つからず困っていると、友達の1人が「家にあるよ」と言って、もってきてくれました。

成功談より、失敗談を語る人が、モテる。

成功談より、失敗談を語る人が、モテる。

私の男友達に、モテる人がいます。
彼は女の子に人気があるだけではなく、男からも絶大な人気があります。
彼と一緒にいると、とにかく面白い話をしてくれるのです。

本当にモテる人は、高級ブランド品がなくても、やりくりできる。

本当にモテる人は、高級ブランド品がなくても、やりくりできる。

街中の人たちを、よく観察すると面白いです。
高級ブランド品で全身を固めた人を、見かけることがあります。
もちろんそれなりのステータスのあるビジネスマンが、身につけるなら、わかります。

モテる人とは、頼れる人のこと。
頼られるためには、慣れるだけでいい。

モテる人とは、頼れる人のこと。頼られるためには、慣れるだけでいい。

モテる人は、たくさんの人から慕われます。
モテる人とは「頼れる人」ということです。
頼られるようになると、自然とモテていきます。

大事な場面で気持ちを伝えたいときは、手書きにすると、よく伝わる。

大事な場面で気持ちを伝えたいときは、手書きにすると、よく伝わる。

モテる人とは、ハートのある人です。
接していると人間味が感じられ、温かみを感じられる人がモテる人です。
一番のよい例は、年賀状です。

モテるためには、褒めればいい。

モテるためには、褒めればいい。

先日ラジオを聴いていると、アメリカと日本の企業の両方を経験したビジネスマンが話をしていました。
アメリカの会社から日本の会社に移ったとき、一番驚いたことは、上司からの指導方法の違いというのです。
アメリカの会社では、部下を褒めながら育てます。

幸せは、1人で楽しむのではなく、みんなで楽しむことが大切。

幸せは、1人で楽しむのではなく、みんなで楽しむことが大切。

「幸せ」は独り占めしないようにしましょう。
「幸せ」は1人で楽しむのではなく、みんなで楽しむものです。
結婚式の披露宴にたくさんの人を招待するのは、ただお世話になっているからだけではありません。

偉そうにすると、嫌われる。

偉そうにすると、嫌われる。

学校のPTAや会合で、相手の職や年齢をしつこく気にする人がいます。
自分のほうが上だとわかったら、態度まで変えます。
これでは、みんなと平等に話すことはできません。

友達の友達も大切にすると、もっと友達ができる。

友達の友達も大切にすると、もっと友達ができる。

人間関係は、みんなで1つの輪になっていると考えることが大切です。
人間関係は、それぞれが独立しているわけではありません。
それそれが「つながり」を持っています。

負けても、マナーを忘れない人がかっこいい。

負けても、マナーを忘れない人がかっこいい。

負けてもマナーがしっかりしている人は、かっこいい人です。
負けることがいけないと言うわけではありません。
一生懸命やれば、負けてもいいのです。

プラス思考になるだけでいい。
プラス思考になると、相手に「元気」をプレゼントできる。

プラス思考になるだけでいい。プラス思考になると、相手に「元気」をプレゼントできる。

暗い話をするのは、できるだけ避けることにしましょう。
暗い話は、自分を暗くしてしまうだけでなく、他人まで暗くしてしまいます。
暗くなるともっと暗くなり、どんどん悪化してしまいます。

同じカテゴリーの作品