執筆者:水口貴博

お店から好かれる良いお客さんになる
30の方法

25
0

美術品を見るときは
「制作年」もチェックしよう。
昔の作品が美しく残っていることは感動に値する。

美術品を見るときは「制作年」もチェックしよう。昔の作品が美しく残っていることは感動に値する。 | お店から好かれる良いお客さんになる30の方法

美術館で美術品を見るとき「美術品」だけなく「制作年」に注目してください。

制作年は、解説パネルを見ればすぐわかります。

「へえ、この時代、この年代に作られたものなのか」

「古い作品」と思うだけで終わりそうですが、要チェックのポイントです。

現代アートを除けば、美術品の多くは100年以上前に制作されたものばかりです。

たとえば、印象派の芸術家による絵画は、100年以上前のものばかりです。

100年以上も経過しているにもかかわらず、色鮮やかな色彩が保たれているのは感慨深い。

レンブラントやフェルメールの作品は300年以上前の作品にもかかわらず、現代でも目を見張る美しさを放っています。

美術品によっては、300年前、500年前、もっと古くに制作された美術品も少なくありません。

作品鑑賞に余裕があれば「時間の横軸」という視点もおすすめします。

制作年をチェックしたら、日本史・世界史を思い出しながら、同時期に起こった出来事を思い出してみましょう。

フェルメールの作品『ミルクを注ぐ女』は、1657年の作品とされています。

1657年といえば、当時の日本は江戸初期に当たります。

太平の世が始まり、貨幣経済が浸透し、庶民の暮らしも安定し始めた時期です。

参勤交代で各地の大名が江戸との間を行ったり来たりして、忙しくしていた時期でもあります。

そんな時代に描かれた作品と思うと、いかに古い作品であるか実感しやすくなるでしょう。

また、違った視点が生まれ、面白おかしく楽しめるはずです。

レオナルド・ダ・ビンチの名作『モナ・リザ』は、1503年から1506年の制作とされています。

日本でいうと、戦国時代の初期に当たります。

応仁の乱の後、日本各地で下克上の風潮が高まっていく時期に描かれた作品かと思うと、不思議な感覚に包まれるでしょう。

日本が争いごとばかりしている中、レオナルド・ダ・ビンチは、美しい女性を見ながら絵を描いていたのです。

そんな大昔に制作されたものが、美しい色や形を保ったまま、現代まで生き続けているのです。

「こんな昔に制作されたものなのか!」

「当時見ていた人と同じものを見ている!」

「はるか昔の作品にもかかわらず、今でも美しいのは素晴らしい!」

医学の祖であるヒポクラテスの名言「芸術は長く、人生は短い」を実感できる瞬間です

これは絵画だけでなく、彫刻や工芸でも同じです。

自分が生まれる前のはるか古い作品にもかかわらず、今でも美しく輝き続けているのは感動に値します。

当時見ていた人と同じものを見ることができるのは、ありがたいことであり、奇跡的なことです。

古びたところはあるかもしれませんが、それこそが味わいであり、醍醐味だいごみです。

長い時間の経過を意識しながら美術品を鑑賞すると、より味わい深くなるでしょう。

美術品だけでなく、制作年にも注目すれば、感動が2倍になるのです。

お店から好かれる良いお客さんになる方法(25)
  • 美術鑑賞のときは「美術品」だけでなく「制作年」もチェックする。
  • 時間の横軸で鑑賞してみる。
美術品を見る時間より、解説パネルを見る時間のほうが長くなっていませんか。

お店から好かれる良いお客さんになる30の方法
お店から好かれる良いお客さんになる30の方法

  1. 感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
    感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
  2. お店の名前を覚えると、店長と仲良くなれる。
    お店の名前を覚えると、店長と仲良くなれる。
  3. なかなか予約が取れないお店に文句を言ってはいけない。<br>正真正銘の人気店を知れてラッキーと考えよう。
    なかなか予約が取れないお店に文句を言ってはいけない。
    正真正銘の人気店を知れてラッキーと考えよう。
  4. お店の出入り口で立ち止まるのはよくない。
    お店の出入り口で立ち止まるのはよくない。
  5. 「並んでますか」と聞かれて、むっとしてはいけない。<br>自分の中途半端な並び方を見直す機会にしよう。
    「並んでますか」と聞かれて、むっとしてはいけない。
    自分の中途半端な並び方を見直す機会にしよう。
  6. きちんと傘袋を使う人が、お店から好かれる良いお客さん。
    きちんと傘袋を使う人が、お店から好かれる良いお客さん。
  7. 外国人従業員にむっとするのは失礼。<br>きちんと敬意と感謝の気持ちを持つことが大切。
    外国人従業員にむっとするのは失礼。
    きちんと敬意と感謝の気持ちを持つことが大切。
  8. 注文確認の復唱にきちんと耳を傾けるお客さんは、店員さんから好かれる。
    注文確認の復唱にきちんと耳を傾けるお客さんは、店員さんから好かれる。
  9. お店の人が会計伝票を置く前に、料理を食べ始めないこと。
    お店の人が会計伝票を置く前に、料理を食べ始めないこと。
  10. コーヒーを注文してアイスコーヒーが出てきたら、自分の責任。
    コーヒーを注文してアイスコーヒーが出てきたら、自分の責任。
  11. 注文した料理が写真の盛り付けと大幅に違っていたら、きちんと指摘したほうがいい。
    注文した料理が写真の盛り付けと大幅に違っていたら、きちんと指摘したほうがいい。
  12. 行きつけの飲食店であっても、飾られている絵画を見逃している人は多い。
    行きつけの飲食店であっても、飾られている絵画を見逃している人は多い。
  13. 足を組むのはいい。<br>足の裏を見せるのがいけない。
    足を組むのはいい。
    足の裏を見せるのがいけない。
  14. 店員さんがお皿を下げてくれるとき、感謝の言葉を伝えよう。
    店員さんがお皿を下げてくれるとき、感謝の言葉を伝えよう。
  15. 友人のお店だからといって、特別サービスを要求していないか。
    友人のお店だからといって、特別サービスを要求していないか。
  16. くっつけたテーブルは、店を出るとき、元に戻そう。
    くっつけたテーブルは、店を出るとき、元に戻そう。
  17. 会計伝票の争奪戦をしていないか。<br>食事の場で会計伝票の奪い合いをすることほど、見苦しいことはない。
    会計伝票の争奪戦をしていないか。
    食事の場で会計伝票の奪い合いをすることほど、見苦しいことはない。
  18. レジでの雑談が、後ろに並んでいる人の邪魔になっていないか。
    レジでの雑談が、後ろに並んでいる人の邪魔になっていないか。
  19. 値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。<br>値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
    値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。
    値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
  20. 本当に欲しいものなら、売り切れでも諦めるな。
    本当に欲しいものなら、売り切れでも諦めるな。
  21. タイムセールだからといって、無理に買う必要はない。
    タイムセールだからといって、無理に買う必要はない。
  22. 美術館は、心を豊かにする場所。<br>入館の前と後のあなたは、別人になっている。
    美術館は、心を豊かにする場所。
    入館の前と後のあなたは、別人になっている。
  23. 劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。<br>芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。
    劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。
    芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。
  24. 美術鑑賞をするときの3つの基本ステップ。
    美術鑑賞をするときの3つの基本ステップ。
  25. 美術品を見るときは「制作年」もチェックしよう。<br>昔の作品が美しく残っていることは感動に値する。
    美術品を見るときは「制作年」もチェックしよう。
    昔の作品が美しく残っていることは感動に値する。
  26. 美術品を見る時間より、解説パネルを見る時間のほうが長くなっていませんか。
    美術品を見る時間より、解説パネルを見る時間のほうが長くなっていませんか。
  27. 長時間の立ち読みは非常識。<br>万引犯と同じと思われても仕方ない。
    長時間の立ち読みは非常識。
    万引犯と同じと思われても仕方ない。
  28. きちんとスーツに着替えてから来るお客さんが、高級ブランドショップに好かれる。
    きちんとスーツに着替えてから来るお客さんが、高級ブランドショップに好かれる。
  29. レンタル品だからといって、雑に扱わない。
    レンタル品だからといって、雑に扱わない。
  30. アンケートは、言葉だけと思っていないか。<br>イラストを添えると、もっと喜ばれる。
    アンケートは、言葉だけと思っていないか。
    イラストを添えると、もっと喜ばれる。

同じカテゴリーの作品

食事マナー」の人気記事

1
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事マナー
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事の作法とマナーの30の基本
2
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事マナー
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事の作法とマナーの30の基本
3
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事マナー
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。
店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事の作法とマナーの30の基本
4
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事マナー
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事の作法とマナーの30の基本
5
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
食事マナー
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
テーブルマナーの達人が心がける30の心得
6
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事マナー
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事の作法とマナーの30の基本
7
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
食事マナー
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
8
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
食事マナー
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー
9
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事マナー
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事の作法とマナーの30の基本
10
寿司の軍艦巻き。あなたなら、どう醤油をつけますか。
食事マナー
寿司の軍艦巻き。
あなたなら、どう醤油をつけますか。
握り寿司の30の食事マナー

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION