気力

直感力を鍛える
30の方法

お気に入り33 読んだ
1

直感は、
偶然ではない。
今までの過去をバックにした意味のある答え。

直感は、偶然ではない。今までの過去をバックにした意味のある答え。 | 直感力を鍛える30の方法

あなたは「直感」というものを、単なる偶然だと思っているのではないでしょうか。

初めに結論から言ってしまいますが、直感は偶然ごとではありません。

直感は、今までの過去すべてをバックにした、大変意味のある答えです。

あなたにも、次のような経験があるのではないでしょうか。

  • 「何となくだけど、コレのほうがいいな」という気分
  • よく分からないけど、一瞬ぴんとひらめいた
  • 何だかこっちのほうがいいような気がする
  • どういうわけか気が進む
  • 嫌な予感がして、落ち着かない

こうした「何となく」や「気がする」「気が進む」「~の予感がする」ということは、単なる偶然の出来事ではありません。

経験してきた過去を対象に、脳が一瞬で検索をかけ、その場に適した最もよいであろう選択に脳が反応してくれているのです。

直感は誰の力でもなく、あなたが今まで経験してきたことの結果であり、能力なのです。

直感を、ある日突然起こる偶然だと考えている人は、せっかく直感が教えてくれる貴重な答えをみすみす逃しているということです。

それは誰より頼りがいのある声を無視しているということであり、もったいないことなのです。

直感の正体は、あなたの過去の記憶です。

たくさん経験してきた中から、今の選択に適した記憶を探し出し、脳が「こっちのほうがいいですよ」と教えてくれているのです。

 

しかし、その脳からの大切な声に限って、曖昧な声になっています。

「何となく」や「予感がする」という曖昧な声のため、信じきれず「本当にコレでいいのかな」と不安になるのです。

 

たとえば、私は野菜のグリーンピースが大嫌いです。

あの味が苦手で、食べたとき、口の中で豆が割れる感覚も、苦手です。

幼稚園のころからずっと嫌いな食べ物の1つで、今までに嫌な経験はたらふくしてきました。

そのためにグリーンピースと似た味や形には、共通してあまりよい印象を持ちません。

ある日私は、グリーンピースそっくりなまめ系の野菜に出会いました。

グリーンピースではありません。

 

しかし、グリーンピースにそっくりなのです。

私はグリーンピースにそっくりな味や形に出会うと、脳がすぐ「気をつけろ!」と直感的に教えてくれます。

「何となく嫌だ」「気が進まない」「気分が悪くなってきた」と、曖昧な状態で、直感的にアレルギーを感じてしまうのです。

最初にも言いましたが、直感は偶然ではなく、過去の記憶です。

今まで嫌な経験をたくさんしてきたため、脳が過去の記憶をたどって、直感的に「危ないぞ」と、ささやき声で教えてくれるのです。

たいていそのときの直感は当たり、私がそのグリーンピースにそっくりなまめを食べると、やはり苦手な味がします。

こうした声を大切にし、直感に正直に従って行動していくと、思ったより日常生活はうまく進んでいきます。

今の私がそうであるように、あなたも自分の直感を信じてみれば、思ったより頼りがいがあることに気づくはずです。

何しろ過去の記憶という大きなお守りをバックにしているわけです。

何か「選択」という局面には脳が「こんな経験があったから、今回はこっちのほうがいいと思うよ」と教えてくれるのです。

まとめ

直感力を鍛える方法 その1
  • 自分の直感を信じる。
潜在意識に入り込む直感人が、勝ち取る。

もくじ
直感力を鍛える30の方法
直感は、偶然ではない。今までの過去をバックにした意味のある答え。 | 直感力を鍛える30の方法

  1. 直感は、偶然ではない。
    今までの過去をバックにした意味のある答え。
  2. 潜在意識に入り込む直感人が、勝ち取る。
  3. たくさん経験を積んだ分、直感力にも磨きがかかる。
  4. いい経験も悪い経験も関係ない。
    どんな経験もすべて直感を磨く石になる。
  5. 人間は人目を気にすると、おかしな選択をしてしまうようになる。
  6. 分からなければ、とにかくやってみる。
  7. 直感力のある人は、あらゆることに意味を感じる。
  8. 今のあなたは、過去のあなたの結果。
    今の繰り返しが、未来を作る。
  9. 楽しみには、無駄はない。
    考え方1つで、すべてが楽しみへと変わる。
  10. 人間には、目の前に楽しみがあっても、わざわざ遠くへ求めてしまう癖がある。
  11. 身銭を切るという行為は、自己投資であり、将来へとつながる。
  12. 普通の人は、正解を1つだけ覚える。
    直感人は、別の正解を探し求める。
  13. 人から褒められるようなことばかりやっていると、自分らしい生き方ができなくなってしまう。
  14. 人の記憶は、忘れるのではなく、思い出せなくなるだけ。
  15. 自分のことは自分で決めることが、自分らしく生きるコツ!
  16. 「気が進むこと」をやれば、元気になれる。
  17. 直感人は中途半端を選ばない。
    常に一番を選び続ける。
  18. 「気が進むこと」をしていても、欲に振り回されてはいけない。
  19. 経験は、しないくらいなら、したほうがいい。
    よい経験も、悪い経験も自分の肥やしとなる。
  20. 直感人は予定外の出来事に、楽しさを見い出すことができる。
  21. 相手にうまく伝わらない原因は、説明する側が教えベタだから。
  22. 「迷い」を捨てると、直感的になれる。
  23. 神様は、努力する人の背中のみ「後押し」ができる。
  24. いい経験も悪い経験もなく、あなたがただ自分勝手に解釈しているだけ。
  25. 幅広い経験をしておくと、応用力へとつながっていく。
  26. 物質的な物を捨てると、精神的なことが得られる。
  27. 直感的な人は、仲間を先に成功させる。
  28. 直感人は、得られることが多いほうを選ぶ。
  29. 後になるほど、直感力は鈍るもの。
  30. さらなる直感力を磨くために、未体験をあえて選ぶ。

同じカテゴリーの作品