生き方

自分らしく生きる
30の方法

26
30

人生における目的と目標の極論は
「何のために生きるのか」ということ。

人生における目的と目標の極論は「何のために生きるのか」ということ。 | 自分らしく生きる30の方法

大学に受かる目的があれば、大学に受かるために勉強をする目標ができます。

実は、まだ小さな枠の話です。

大学受験が終われば、目的も目標もなくなり、無力感・空虚感に襲われます。

人生における目的の極論は「何のために生きるのか」です。

「何のために生きるのか」という目的ができれば、それを果たすための出来事すべてが目標へと早変わりします。

もしあなたが中学生あるいは高校生なら「何のために生きるのか」というテーマはとても大きなことだと思います。

元気に生きるために必要なテーマです。

早い時期でもかまいませんから、できるだけこのテーマを意識しておくといいでしょう。

「何のために生きているのだろうか」という疑問が湧いたときは、生きる目的について考える機会です。

たとえ中学生や高校生でも、早すぎることはありません。

気になったときが、考えるべきときです。

は人生において自分は何ができるのか、何をしたいのか、何のために生きているのかという目的を掲げることです。

そうすることで、初めて目標が生き生き輝いて見えてくるようになります。

ただ他人に言われてやらされていることだった、面倒なことが、自分の夢を叶えるために行う「楽しみ」へと変わるのです。

もう決して「やらされる」と感じることはなくなります。

自分らしく生きるためには、できるだけ人生の早い時期に、生きる目的を持つことが大切です。

生きる目的を持つためにも、やりたいことや好きなことを、正しく把握しておくことも必要です。

だからこそ、より素直になって考えることがポイントです。

素直になって考えることで、自分の好きなことが分かります。

好きなことをしていけば、好きなことで自分ができることが分かります。

自分ができることが分かれば、自分がこの世に対して行える役目・役割・使命が分かります。

すると、その役目を果たすために生きることがあなたの生きる目的になります。

それまでに立ちはだかる壁は、すべて自分の夢のために行う目標へと変わります。

まとめ

自分らしく生きる方法 その30
  • 生きる目的を考える。
まとめ

もくじ
自分らしく生きる30の方法
人生における目的と目標の極論は「何のために生きるのか」ということ。 | 自分らしく生きる30の方法

  1. 自分らしく生きるとは、好きなことをやっていくということ。
  2. 好きなことをやっていれば、必ず幸せになれる。
  3. 利益を追い求めてしまうと、やりたいことが分からなくなってしまう。
  4. こっそりしていることが、あなたの本当の好きなこと。
  5. 好きなことをやっていると、失敗さえも嬉しく感じてしまう。
  6. 今の小さな積み重ねが、将来の花になる。
  7. 目的があるから目標がある。
  8. 楽しそうだからやろう。
  9. 思い立ったら吉日。
  10. 楽しいことに、楽しいことを重ねてみよう。
  11. 「失敗してもいい」と思えば、行動ができるようになる。
  12. 自分のためにやれば、勉強も楽しくなる。
  13. 自分が体験したことが、一番頼りがいがある。
  14. 「うまくいかないかもしれない」と思っていると、本当にうまくいかなくなる。
  15. 思いきって生きると、自分をもっと思いきれる。
  16. 若さは、それだけで強さになる。
  17. 自分らしく生きるためには、周りに振り回されないこと。
  18. 選択肢を狭めているのは、実は自分。
  19. 1人になったときの自分が、本当の個性。
  20. 直感的に感じたら、それを信じよう。
  21. 泣きたいときには、泣こう。
    笑いたいときには、笑おう。
  22. 自己中心も、突き詰めれば、奉仕になる。
  23. 負けないと分からないことは、負けてみないと分からない。
  24. ペースが速い人ではなく、ペースを崩さなかった人が最後に勝つ。
  25. いらない部分はどんどん捨てる。
    最後に残ったものが本当のあなた。
  26. 量をこなして、初めて個性が成長する。
  27. 人間には、最高はあっても、限界はない。
  28. 壁を乗り越えるための手段は2つ。
    「実力」をつけるか「方法」を知るか。
  29. 「やらされる」から「やる」へと変えよう。
  30. 人生における目的と目標の極論は「何のために生きるのか」ということ。

同じカテゴリーの作品