人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

人生本質づく
30言葉

お気に入り50 読んだ
16

本当謙虚とは

本当の謙虚とは。 | 人生の本質に気づく30の言葉

虚とは、何でしょうか。

謙虚とは、自分の能力や地位などにおごることなく、素直な態度で人に接することを言います。

人間関係では、謙虚が大切だと言われています。

 

しかし、謙虚について誤解している人がいるようです。

「否定することが謙虚」と思っているなら、要注意です。

否定は、謙虚ではありません。

横柄なのです。

 

たとえば、あなたが人から褒められたとします。

このとき、謙虚のつもりで否定していませんか。

  • 「大したことありませんよ」

  • 「私なんて、単なるばかです」

否定することで謙虚を表現しているように思えますが、これは違います。

謙虚ではなく、横柄なのです。

否定するということは、それに関わるすべての存在まで否定することになるからです。

自分だけ否定しているわけではありません。

自分を否定したと同時に、自分を産み育てた親まで否定していることになります。

「親の育て方が悪い」「親は最低だ」「情けない親だ」と言っているようなものです。

同時に、親を産み育てた祖父母やご先祖様も否定していることになります。

もっと幅を広げれば、地球や宇宙まで否定していることになります。

スケールの大きな話になりますが、否定すると、それに関わるすべての存在を否定することになります。

だから、謙虚のつもりで否定するのは、横柄な言葉なのです。

 

では、本当の謙虚とは何か。

本当の謙虚とは、褒められたとき、素直に感謝することです。

自分を認めるということは、自分を産み育てた親も認めるということです。

同時に、親を産み育てた祖父母や、ご先祖様のすべても認めていることになります。

大きなスケールで考えれば、地球や宇宙の素晴らしさまで認めていることになります。

本当の謙虚とは、否定ではなく、感謝です。

「素晴らしいですね」と言われたときは「ありがとうございます」と素直に感謝しましょう。

それが、本当の謙虚です。

人生の本質に気づく言葉 その16

  • められたときには、
    否定するのではなく、
    素直感謝する
本当のスタートとは。

もくじ
(人生の本質に気づく30の言葉)

同じカテゴリーの作品