人生の教科書



旅行
無表情は、防犯対策に意外な効果を発揮する。
旅行
手荷物検査で疑われても、いらいらしないコツ。
旅行

女性の海外一人旅で心がけたい
30の鉄則

お気に入り3 読んだ
24

どんなに疲れても、
貴重品が入った手荷物だけは、
体から離さないこと。

どんなに疲れても、貴重品が入った手荷物だけは、体から離さないこと。 | 女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則

  • 「疲れた」

旅行中の移動時には、電車やバスを利用することが多いことでしょう。

乗り物の種類によっては、網棚やロッカーのような、荷物の置き場があります。

疲れたときに手荷物を網棚に置きたくなりますね。

 

しかし、これは危険です。

置いてある荷物をこっそり持ち逃げする「置き引き」をされることがあるからです。

  • 「きちんと見張っているから大丈夫」

そう思う人こそ、要注意です。

疲れているときは疲労のため、いつの間にか目をつぶって居眠りをしてしまうことがあります。

スリは、うっかり寝た一瞬の隙を狙います。

置き引きは、1秒あればできてしまいます。

海外旅行で疲れているとはいえ、財布やパスポートのような貴重品が入っている手荷物を、棚に置くのは厳禁です。

そもそも体から離すことが、タブーです。

海外旅行で外を歩いているときは、貴重品が入った手荷物だけは、どんなことがあっても体から離さないこと。

 

では、疲れたときの手荷物はどうすればいいのでしょうか。

抱いて寝ればいいのです。

これが、休むときの基本姿勢です。

抱いていれば、気づかれずに置き引きをすることはさすができないでしょう。

「一休み」と「安全」を両立させる方法なのです。

まとめ

女性の海外一人旅で心がけたい鉄則 その24
  • 一休みをするとき、
    手荷物は網棚を使わず、
    抱いて寝る。
褒めまくる人の目的は2つ。
あなたの「体」か「お金」。

もくじ
(女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則)

同じカテゴリーの作品