旅行

女性の海外一人旅で心がけたい
30の鉄則

読んだ お気に入り3
24

どんなに疲れても、
貴重品が入った手荷物だけは、
体から離さないこと。

どんなに疲れても、貴重品が入った手荷物だけは、体から離さないこと。 | 女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則

「疲れた」

旅行中の移動時には、電車やバスを利用することが多いことでしょう。

乗り物の種類によっては、網棚やロッカーのような、荷物の置き場があります。

疲れたときに手荷物を網棚に置きたくなりますね。

 

しかし、これは危険です。

置いてある荷物をこっそり持ち逃げする「置き引き」をされることがあるからです。

「きちんと見張っているから大丈夫」

そう思う人こそ、要注意です。

疲れているときは疲労のため、いつの間にか目をつぶって居眠りをしてしまうことがあります。

スリは、うっかり寝た一瞬の隙を狙います。

置き引きは、1秒あればできてしまいます。

海外旅行で疲れているとはいえ、財布やパスポートのような貴重品が入っている手荷物を、棚に置くのは厳禁です。

そもそも体から離すことが、タブーです。

海外旅行で外を歩いているときは、貴重品が入った手荷物だけは、どんなことがあっても体から離さないこと。

 

では、疲れたときの手荷物はどうすればいいのでしょうか。

抱いて寝ればいいのです。

これが、休むときの基本姿勢です。

抱いていれば、気づかれずに置き引きをすることはさすができないでしょう。

「一休み」と「安全」を両立させる方法なのです。

まとめ

女性の海外一人旅で心がけたい鉄則 その24
  • 一休みをするとき、手荷物は網棚を使わず、抱いて寝る。
褒めまくる人の目的は2つ。
あなたの「体」か「お金」。

もくじ
女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則
どんなに疲れても、貴重品が入った手荷物だけは、体から離さないこと。 | 女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則

  1. 海外へ一人旅をする女性は、多い。
  2. 女性1人の海外旅行は「おしゃれ」より「安全」を最重視すべし。
  3. 安全意識を変えるのは「自分は大丈夫」という考えをやめることから。
  4. 治安がよいという情報をうのみにしない。
    女性1人の海外旅行に、治安の善しあしは関係ない。
  5. パッケージツアーで行く一人旅なら、親を説得しやすい。
  6. 海外でも使える携帯電話は、女性の一人旅には必須アイテム。
  7. プロの泥棒は「親切にされると断りにくい」という人間心理を、突いてくる。
  8. どんなに方向音痴の女性でも、GPS機能が付いた携帯電話があれば怖くない。
  9. 手持ちや肩掛けのバッグ類は、持たない。
  10. 無表情は、防犯対策に意外な効果を発揮する。
  11. 高揚する気持ちはあっても、露出はできるだけ控える。
  12. 肩より下まで髪が伸びているなら、ゴムで束ねたほうがいい3つの理由。
  13. テーブルの上に1セントだけ置いて帰る客。
    その心とは。
  14. 親切すぎるホテルのメイドサービスを、ありがた迷惑に感じるときの対処法。
  15. 泥棒は、ホテルの宿泊客のふりをして、部屋に入ろうとする。
  16. 海外で見た、最もひどい女性のケース。
  17. 母国でモテない人ほど、海外ではモテる?
  18. 左手の薬指の指輪は、強力なお守り効果がある。
  19. 女性が簡易宿泊施設を利用するときは「女性専用」を選ぶこと。
  20. 女性1人で気軽にタクシーを使うのは、危険。
  21. 女性1人なら、ホテルのマネージャーを味方につけよ。
  22. 通貨の両替を母国内で済ませておくほうが、安心と安全が得られやすい。
  23. せっかくの海外旅行を、生理のせいで台無しにしない工夫。
  24. どんなに疲れても、貴重品が入った手荷物だけは、体から離さないこと。
  25. 褒めまくる人の目的は2つ。
    あなたの「体」か「お金」。
  26. 妻1人の海外旅行は、夫や子供がいるときにこそ、したほうがいい。
  27. アラーム付き腕時計で、遅刻を防ぐ。
  28. 1人での海外旅行は、行動力の重要性に気づく修行である。
  29. 世界中どこでも使える、丁寧な断り言葉。
  30. 男性から強引に肉体関係を求められたとき、うまく逃げるための最後の切り札。

同じカテゴリーの作品