まとめ
(恋人との恋愛が長続きする30の方法)
恋人との恋愛が長続きする30の方法

  • 量より質を重視して、ほかにできることを追求する。
  • 仲良くなるにつれて、じわじわお互いの間隔を詰めて話す。
  • 電話に出てから笑顔になるのではなく、笑顔になってから電話に出る。
  • 1000年付き合うつもりで、恋人と接する。
  • 甘えられたら喜ぶ。
  • 好きな人を、無条件で励ます。
  • ほかのカップルと違った付き合い方をしていても、気にしない。
  • 自分たちだけの「恋愛ギネスブック」を作って、何かの新記録に挑戦する。
  • マナーを守った上で、たまに内緒話をする。
  • 鏡の前で身だしなみを整えるときは、幸せそうな表情を心がける。
  • だらだらしたお付き合いは避け、リラックスしたお付き合いを目指す。
  • 遊び半分の気持ちで、無意味なメッセージを送らない。
  • 用事はなくてもメールを送りたいときは、励ましや役立つ情報としてメッセージを送る。
  • 機嫌が悪いときこそ、言葉と態度に気をつける。
  • 喧嘩をしてもいいから、きちんと本音で話せる関係になる。
  • 恋人から「愛している」と言われたければ、まず自分から「愛している」と言う。
  • 愛情表現は、少なすぎず多すぎず、適度を心がける。
  • たまにはデートで食事するレストランを予約してみる。
  • 待ち合わせ場所で会ったときの第一声を考えておく。
  • たまにはユニークな場所で待ち合わせる。
  • 恋人の到着が大幅に遅れたときは、怒るのではなく、平気なふりをして相手を心配する。
  • 明るいことを話して、明るい出来事を引き寄せる。
  • デートに疲れても、最後は「でも、楽しかったよ」という一言で、気持ちよく締めくくる。
  • 現実に戻る感覚が味わえる幸せに気づく。
  • 「人前」と「2人きり」とで、恋人の態度が変わる様子を楽しむ。
  • 2人きりでいるときの様子が、本性だと考える。
  • 恋人へのプレゼントに、名前や日付を入れる。
  • うっかり誕生日を過ぎてしまっても、気にせず誕生日プレゼントを渡す。
  • 恋人の過ちは、時効が過ぎたことにして、忘れる。
  • 恋愛の失敗経験は「いい思い出」と言い換えて、未来に進む力に変える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION