ビジネスマナー

スーツの寿命を長くする
30の方法

1
21

ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。

ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。 | スーツの寿命を長くする30の方法

「ドライクリーニングにしますか。ウェットクリーニングにしますか」

クリーニングに出そうとする際、唐突に聞かれることがあります。

それぞれの違いがよくわからなければ、返事に困ってしまうでしょう。

 

では、それぞれの違いについて、見ていきましょう。

 

ドライクリーニング

 

ドライクリーニングとは、水で直接洗うのではなく、蒸気や揮発性溶剤を使って汚れを落とす洗濯方法です。

布地を痛めず、油性の汚れを落とすためによく使われます。

ウール・シルク・カシミヤなど、水の影響を受けやすい素材は、ドライクリーニングです。

 

ただし、油系の汚れは落ちる一方、汗などの水溶系の汚れは落ちにくい特徴があります。

水溶系の汚れを落とす場合は、ウェットクリーニングの出番です。

 

 

ウェットクリーニング

 

ウェットクリーニングとは、洗浄液として水を使った洗濯方法です。

私たちが洗濯といえば、水を使うイメージが一般的で、簡単な印象があるでしょう。

 

ところがクリーニングでは、水を使うほうが高度な技術を必要として、手間がかかります。

ウェットクリーニングは、汗・尿・血液など、水溶性の汚れを除去するときに大きな効果を発揮します。

また素材の都合上、ウェットクリーニングが不可能な製品も、ドライクリーニングの対象です。

考え方としては「ドライクリーニングで落ちない汚れは、ウェットクリーニング」と覚えておけばいいでしょう。

ウェットクリーニングは高度な技術が必要であるため、信頼できるお店を選び、よく相談してからお願いしましょう。

 

さて、ドライクリーニングとウェットクリーニングの判断が難しければ、クリーニング業者に任せるのが安心です。

汚れの種類や細かい条件によって、適切な方法が変わります。

まれなケースですが「ドライクリーニングとウェットクリーニングの両方が必要」という場合もあります。

スーツの寿命を長くする方法(21)
  • ドライクリーニングとウェットクリーニングの違いを、理解する。
クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。

もくじ
スーツの寿命を長くする30の方法
ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。 | スーツの寿命を長くする30の方法

  1. スーツの手入れは、仕事の手入れであり、心の手入れ。
    スーツの手入れは、仕事の手入れであり、心の手入れ。
  2. 手入れとは、言い換えると、節約行為。<br>実はお得な作業。
    手入れとは、言い換えると、節約行為。
    実はお得な作業。
  3. スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
    スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
  4. スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを準備する。
    スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを準備する。
  5. お手入れの最大の難しさは、帰宅直後かもしれない。
    お手入れの最大の難しさは、帰宅直後かもしれない。
  6. スーツをクローゼットに収納する際は、隙間が重要。
    スーツをクローゼットに収納する際は、隙間が重要。
  7. ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
    ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
  8. スーツを長持ちさせたければ、ブラシの最低条件は天然の毛。
    スーツを長持ちさせたければ、ブラシの最低条件は天然の毛。
  9. スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。
    スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。
  10. ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。
    ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。
  11. ジャケットのしわは、アイロンの蒸気が効果的。
    ジャケットのしわは、アイロンの蒸気が効果的。
  12. なぜ、スーツのハンガーは、木製が最適なのか。
    なぜ、スーツのハンガーは、木製が最適なのか。
  13. アイロンの蒸気を当て終わったジャケットは、すぐクローゼットに収納しない。
    アイロンの蒸気を当て終わったジャケットは、すぐクローゼットに収納しない。
  14. 1日着たスーツは、1日以上は休ませたい。
    1日着たスーツは、1日以上は休ませたい。
  15. スラックスは、専用ハンガーを使って、しわを伸ばす。
    スラックスは、専用ハンガーを使って、しわを伸ばす。
  16. スラックスのブラッシングは、ハンガーに吊した状態が最適。
    スラックスのブラッシングは、ハンガーに吊した状態が最適。
  17. スラックスのアイロンがけは、当て布が必須。
    スラックスのアイロンがけは、当て布が必須。
  18. 定期的に虫干しをしよう。
    定期的に虫干しをしよう。
  19. アイロンがけに自信がなければ、思いきってクリーニング。
    アイロンがけに自信がなければ、思いきってクリーニング。
  20. クリーニングに出すときに意識したい、5つの心遣い。
    クリーニングに出すときに意識したい、5つの心遣い。
  21. ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。
    ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。
  22. クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。
    クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。
  23. スーツのクリーニングは、やりすぎに要注意。
    スーツのクリーニングは、やりすぎに要注意。
  24. 同じ柄のスーツを毎日使いたい。
    同じ柄のスーツを毎日使いたい。
  25. ネクタイは、小さくても、印象に大きく関わる存在。
    ネクタイは、小さくても、印象に大きく関わる存在。
  26. スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。
    スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。
  27. スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。
    スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。
  28. スーツ全体のにおいを取り除く方法は、もっと身近なところにあった。
    スーツ全体のにおいを取り除く方法は、もっと身近なところにあった。
  29. スーツの手入れと部屋の掃除には、つながりがある。
    スーツの手入れと部屋の掃除には、つながりがある。
  30. スーツを長期保管するときの3つのポイント。
    スーツを長期保管するときの3つのポイント。

同じカテゴリーの作品