ビジネスマナー

スーツの寿命を長くする
30の方法

0
26

スーツが雨で濡れたときの、
お手入れの方法。

スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。 | スーツの寿命を長くする30の方法

スーツが雨でれたときは、お手入れも少し工夫が必要です。

まず気をつけたいのは、布類。

れたスーツは、タオルやハンカチなどで拭きたくなりますが、注意が必要です。

水滴を素早く拭き取れますが、布の繊維がスーツに付着して、見苦しくなるでしょう。

また、布でスーツをこするのは、摩擦によって生地を傷める原因にもなります。

 

では、スーツが雨でれたとき、どうすればいいのか。

最も適切なのは、自然乾燥です。

気になる水滴は、スーツを軽くはたいて落としましょう。

完全に落とす必要はなく、大きな水滴を落とすだけで十分です。

もし泥が付着しているなら、湿らせたタオルを使って、その部分をピンポイントで拭き取ります。

次に、直射日光が当たらず、風通しのよい場所にハンガーで吊しておきます。

ジャケットは、ジャケット用のハンガー、スラックスはスラックス用のハンガーです。

後は、乾くまで干しておくだけです。

クローゼットにしまうのは、湿気がこもるため厳禁です。

当然ですが、翌日になっても乾いていない場合があります。

そのためにも、代わりのスーツを何着か準備しておくと安心です。

エアコンや扇風機の風を当てて乾かすという方法も効果的です。

ドライヤーは、熱が生地を傷める原因になるため、できるだけ使用は控えたほうがいいでしょう。

どうしてもドライヤーを使いたければ、近くで当てすぎず、熱に十分注意しましょう。

スーツの寿命を長くする方法(26)
  • スーツが雨で濡れたときは、タオルやハンカチでは拭かず、自然乾燥にする。
スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。

もくじ
スーツの寿命を長くする30の方法
スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。 | スーツの寿命を長くする30の方法

  1. スーツの手入れは、仕事の手入れであり、心の手入れ。
    スーツの手入れは、仕事の手入れであり、心の手入れ。
  2. 手入れとは、言い換えると、節約行為。<br>実はお得な作業。
    手入れとは、言い換えると、節約行為。
    実はお得な作業。
  3. スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
    スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
  4. スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを準備する。
    スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを準備する。
  5. お手入れの最大の難しさは、帰宅直後かもしれない。
    お手入れの最大の難しさは、帰宅直後かもしれない。
  6. スーツをクローゼットに収納する際は、隙間が重要。
    スーツをクローゼットに収納する際は、隙間が重要。
  7. ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
    ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
  8. スーツを長持ちさせたければ、ブラシの最低条件は天然の毛。
    スーツを長持ちさせたければ、ブラシの最低条件は天然の毛。
  9. スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。
    スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。
  10. ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。
    ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。
  11. ジャケットのしわは、アイロンの蒸気が効果的。
    ジャケットのしわは、アイロンの蒸気が効果的。
  12. なぜ、スーツのハンガーは、木製が最適なのか。
    なぜ、スーツのハンガーは、木製が最適なのか。
  13. アイロンの蒸気を当て終わったジャケットは、すぐクローゼットに収納しない。
    アイロンの蒸気を当て終わったジャケットは、すぐクローゼットに収納しない。
  14. 1日着たスーツは、1日以上は休ませたい。
    1日着たスーツは、1日以上は休ませたい。
  15. スラックスは、専用ハンガーを使って、しわを伸ばす。
    スラックスは、専用ハンガーを使って、しわを伸ばす。
  16. スラックスのブラッシングは、ハンガーに吊した状態が最適。
    スラックスのブラッシングは、ハンガーに吊した状態が最適。
  17. スラックスのアイロンがけは、当て布が必須。
    スラックスのアイロンがけは、当て布が必須。
  18. 定期的に虫干しをしよう。
    定期的に虫干しをしよう。
  19. アイロンがけに自信がなければ、思いきってクリーニング。
    アイロンがけに自信がなければ、思いきってクリーニング。
  20. クリーニングに出すときに意識したい、5つの心遣い。
    クリーニングに出すときに意識したい、5つの心遣い。
  21. ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。
    ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。
  22. クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。
    クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。
  23. スーツのクリーニングは、やりすぎに要注意。
    スーツのクリーニングは、やりすぎに要注意。
  24. 同じ柄のスーツを毎日使いたい。
    同じ柄のスーツを毎日使いたい。
  25. ネクタイは、小さくても、印象に大きく関わる存在。
    ネクタイは、小さくても、印象に大きく関わる存在。
  26. スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。
    スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。
  27. スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。
    スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。
  28. スーツ全体のにおいを取り除く方法は、もっと身近なところにあった。
    スーツ全体のにおいを取り除く方法は、もっと身近なところにあった。
  29. スーツの手入れと部屋の掃除には、つながりがある。
    スーツの手入れと部屋の掃除には、つながりがある。
  30. スーツを長期保管するときの3つのポイント。
    スーツを長期保管するときの3つのポイント。

同じカテゴリーの作品