ビジネスマナー

スーツの寿命を長くする
30の方法

0
9

スーツを上手にブラッシングする、
5つのポイント。

スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。 | スーツの寿命を長くする30の方法

ブラッシングは方法を誤ると、不十分であったり、かえってしわの原因になったりする場合があります。

素早くささっと済ませたいところですが、気をつけたい点がいくつかあります。

焦らずに、次の5つのポイントを押さえた上で、ブラッシングを心がけましょう。

  1. ポケットの中身はすべて取り出しておく

最初に、ポケットの中身をすべて取り出しておきましょう。

面倒に思いますが、ポケットに物が入っていると、ブラッシングしにくくなります。

また、ポケットに物を入れたままでは、スーツの型崩れにも影響します。

帰宅後のブラッシングのタイミングで、ポケットの中身を取り出しておけば、ど忘れを防げます。

  1. ハンガーに吊した状態でブラッシングをする

ブラッシングの際は、型崩れを防ぐため、ハンガーに吊した状態にしましょう。

全体的に安定するため、ブラッシングもしやすくなります。

  1. 全体を軽くはたく

ブラッシングを始める前に、まず軽くはたきましょう。

適度な振動を与えることで、スーツに付着したごみやちりが浮き、取り除きやすくなります。

あまり大げさにはたく必要はなく、スーツを吊したハンガーを軽く揺さぶる程度で十分です。

  1. ブラッシングは、上から下の順で進める

ブラッシングは、まず上から始めるのが基本です。

汚れが落ちる方向は上から下ですから、ブラッシングも上から下の順に進めるほうが、汚れがきれいに落ちます。

首・肩・胸・背中・袖・裾の順で進めていきましょう。

  1. 溝の部分は、入念にブラッシングする

縫い目や折り目などの溝の部分は、ちりやほこりがたまりやすいところです。

歯磨きをするイメージと同じですが、溝の汚れをかき出すように、しっかりブラッシングをしましょう。

スーツの寿命を長くする方法(9)
  • スーツの上手なブラッシングを身につける。
ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。

もくじ
スーツの寿命を長くする30の方法
スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。 | スーツの寿命を長くする30の方法

  1. スーツの手入れは、仕事の手入れであり、心の手入れ。
    スーツの手入れは、仕事の手入れであり、心の手入れ。
  2. 手入れとは、言い換えると、節約行為。<br>実はお得な作業。
    手入れとは、言い換えると、節約行為。
    実はお得な作業。
  3. スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
    スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
  4. スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを準備する。
    スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを準備する。
  5. お手入れの最大の難しさは、帰宅直後かもしれない。
    お手入れの最大の難しさは、帰宅直後かもしれない。
  6. スーツをクローゼットに収納する際は、隙間が重要。
    スーツをクローゼットに収納する際は、隙間が重要。
  7. ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
    ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
  8. スーツを長持ちさせたければ、ブラシの最低条件は天然の毛。
    スーツを長持ちさせたければ、ブラシの最低条件は天然の毛。
  9. スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。
    スーツを上手にブラッシングする、5つのポイント。
  10. ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。
    ブラッシングで最も見落としやすいのは、ポケット。
  11. ジャケットのしわは、アイロンの蒸気が効果的。
    ジャケットのしわは、アイロンの蒸気が効果的。
  12. なぜ、スーツのハンガーは、木製が最適なのか。
    なぜ、スーツのハンガーは、木製が最適なのか。
  13. アイロンの蒸気を当て終わったジャケットは、すぐクローゼットに収納しない。
    アイロンの蒸気を当て終わったジャケットは、すぐクローゼットに収納しない。
  14. 1日着たスーツは、1日以上は休ませたい。
    1日着たスーツは、1日以上は休ませたい。
  15. スラックスは、専用ハンガーを使って、しわを伸ばす。
    スラックスは、専用ハンガーを使って、しわを伸ばす。
  16. スラックスのブラッシングは、ハンガーに吊した状態が最適。
    スラックスのブラッシングは、ハンガーに吊した状態が最適。
  17. スラックスのアイロンがけは、当て布が必須。
    スラックスのアイロンがけは、当て布が必須。
  18. 定期的に虫干しをしよう。
    定期的に虫干しをしよう。
  19. アイロンがけに自信がなければ、思いきってクリーニング。
    アイロンがけに自信がなければ、思いきってクリーニング。
  20. クリーニングに出すときに意識したい、5つの心遣い。
    クリーニングに出すときに意識したい、5つの心遣い。
  21. ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。
    ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い。
  22. クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。
    クリーニングから戻ってきた衣類は、袋に入れたまま収納しない。
  23. スーツのクリーニングは、やりすぎに要注意。
    スーツのクリーニングは、やりすぎに要注意。
  24. 同じ柄のスーツを毎日使いたい。
    同じ柄のスーツを毎日使いたい。
  25. ネクタイは、小さくても、印象に大きく関わる存在。
    ネクタイは、小さくても、印象に大きく関わる存在。
  26. スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。
    スーツが雨で濡れたときの、お手入れの方法。
  27. スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。
    スーツにタバコのにおいが付いたときの対処方法。
  28. スーツ全体のにおいを取り除く方法は、もっと身近なところにあった。
    スーツ全体のにおいを取り除く方法は、もっと身近なところにあった。
  29. スーツの手入れと部屋の掃除には、つながりがある。
    スーツの手入れと部屋の掃除には、つながりがある。
  30. スーツを長期保管するときの3つのポイント。
    スーツを長期保管するときの3つのポイント。

同じカテゴリーの作品