人生論

「生きるとは何か」を考える
30の言葉

読んだ お気に入り13
21

生きるとは、
川の流れる水である。
自然の流れには逆らわず、
身を任せるのが一番。

生きるとは、川の流れる水である。自然の流れには逆らわず、身を任せるのが一番。 | 「生きるとは何か」を考える30の言葉

川の流れを、思い出してみましょう。

くねくね曲がりくねった、大きな川です。

緩やかな斜面では、ゆっくりした流れです。

急な斜面では、激しい流れです。

右へ左へと曲がりくねった川に沿って、水も右へ左へと流れています。

不自然なところは、1つもありません。

自然の流れに従っている状態です。

この様子は、人生でも同じです。

人生の流れに逆らっても、思うようにはいきません。

流れに身を任せて、進んでいきましょう。

自然の流れには逆らわず、身を任せるのが一番です。

なるようになります。

流れに身を任せることで、自然の力が、あなたの人生の後押しになります。

人は、自然にかないません。

自然を味方につけたとき、あなたは最も強い力を身につけたのと同じ状態になります。

小さな力で、物事が自然と前向きに進み始めるのです。

自然の流れに任せて、そのまま進みましょう。

まとめ

「生きるとは何か」を考える言葉 その21
  • 自然の流れには逆らわず、身を任せる。
生きるとは、注射のようなもの。
痛いのは、最初の一瞬だけ。

もくじ
「生きるとは何か」を考える30の言葉
生きるとは、川の流れる水である。自然の流れには逆らわず、身を任せるのが一番。 | 「生きるとは何か」を考える30の言葉

  1. 生きるとは、宝を探す冒険である。
    危険なところほど、価値ある宝が眠っている。
  2. 生きるとは、筋トレ。
    負荷がないと、強くなれない。
  3. 生きるとは、自転車に乗るようなもの。
    遅すぎても早すぎても、よくない。
  4. 生きるとは、寄り道をするようなもの。
    思わぬ道にこそ、思わぬ発見がある。
  5. 生きるとは、魚を釣るようなもの。
    勝負の大半は、準備の時点で、決まっている。
  6. 生きるとは、畑にタネをまくようなもの。
    まいたものが、収穫できる。
  7. 生きるとは、森を進むようなもの。
    当てもなく、むやみに歩くのは危険。
  8. 生きるとは、ジョギングをするようなもの。
    大切なのは「気分がいい」と感じるペース。
  9. 生きるとは、人形のようなもの。
    抱きしめると、にっこりした笑顔が返ってくる。
  10. 生きるとは、ディズニーランドで遊ぶようなもの。
    結局すべて、アトラクションだ。
  11. 生きるとは、リレー競争。
    バトンを受け継いで、次に渡していく。
  12. 生きるとは、マラソンと同じ。
    疲れたときは、歩いたり立ち止まったりしてもいい。
  13. 生きるとは、練習問題を解くようなもの。
    解決法が分からなければ、答えと解説を読めばいい。
  14. 生きるとは、習い事。
    こつこつだから続けられ、よく身につく。
  15. 生きるとは、バイキング料理を楽しむようなもの。
    好きなものから手をつけるのが一番。
  16. 生きるとは、紙飛行機を飛ばすようなもの。
    少し折れ曲がっていたほうが、遠くまで飛べる。
  17. 生きるとは、天気予報。
    予想が外れたときは、気持ちをさっと切り替える。
  18. 生きるとは、ボディーランゲージをするようなもの。
    体全身で表現すれば、何とかなるもの。
  19. 生きるとは、即興演奏。
    即座に創作しながら進めるから、面白い。
  20. 生きるとは、ピエロになるようなもの。
    楽しませることを、生きがいにする。
  21. 生きるとは、川の流れる水である。
    自然の流れには逆らわず、身を任せるのが一番。
  22. 生きるとは、注射のようなもの。
    痛いのは、最初の一瞬だけ。
  23. 生きるとは、ダンスパーティーのようなもの。
    恥ずかしがらず、楽しく踊る人の勝ち。
  24. 生きるとは、綱渡りをするようなもの。
    一番大切なのは、バランスだ。
  25. 生きるとは、草いっぱいの草原を歩くようなもの。
    道は、自分で作るもの。
  26. 生きるとは、ブラックコーヒーを飲むようなもの。
    味が分かると、甘みはいらなくなる。
  27. 生きるとは、ミックスジュースを作るのと同じ。
    いろいろ混ぜたほうが、おいしくて健康にもいい。
  28. 生きるとは、ボウリングの球を投げるようなもの。
    直線より曲線を描くほうが、ピンはよく倒れる。
  29. 生きるとは、迷路を楽しむようなもの。
    迷いながら、少しずつ前進する。
  30. 生きるとは、山を登るようなもの。
    上り坂の後には、下り坂がある。

同じカテゴリーの作品