人生の教科書



人付き合い
人生で最も難しい人間関係は、親子関係。
人付き合い
人間関係とは、水泳と同じ。
水しぶきを上げないほうが、早く進む。
心の健康
1人になる時間で、自問自答の時間を作ろう。
プラス思考
自然と切れる人間関係も、あっていい。
人付き合い
人間関係とは、お餅のようなもの。
冷たいと固く、温めるとよく伸びる。
人付き合い
人間関係とは、食事と同じ。
大切なのは、量より質。
人付き合い

「人間関係とは何か」を考える
30の言葉

お気に入り9 読んだ
5

人間関係とは、
スポーツ。
一緒に汗をかけばかくほど、
仲良くなれる。

人間関係とは、スポーツ。一緒に汗をかけばかくほど、仲良くなれる。 | 「人間関係とは何か」を考える30の言葉

汗をかくのは、好きですか。

できるだけ汗を流さないように心がける人も、いるのではないでしょうか。

 

しかし、汗を避けていると、人間関係でつまずきます。

知り合うことはできても、深い仲には、なれません。

社交辞令を交わすのみです。

単なる知り合いで、終わります。

 

では、仲良くなるためにはどうすればいいのでしょうか。

「一緒に汗を流す経験」が必要なのです。

人間関係とは、スポーツと同じです。

一緒に汗をかくと、たくさんのことを深く共有できるようになります。

思い出、気持ち、興奮などです。

普通以上に強い結びつきができるため、お互いに忘れられなくなります。

本当のことを言えば、汗をかく人生のほうがいいのです。

汗を避ける人生ばかり送っていると、仲のいい友達もできません。

人間関係では、汗を流さない努力より、流す努力です。

一緒に遊びに出かけて、汗を流しましょう。

一緒にお風呂に入って、汗を流しましょう。

一緒に勉強や仕事で、汗を流しましょう。

汗をたくさん流そうとすればするほど、仲のいい友達ができます。

濃い人生を送ることができるのです。

まとめ

「人間関係とは何か」を考える言葉 その5
  • 人と一緒に汗を流す経験を、
    増やす。
人間関係とは、窓と同じ。
開けるから、新鮮な光や空気が入ってくる。

もくじ
(「人間関係とは何か」を考える30の言葉)

同じカテゴリーの作品