ストレスをためる人とためない人の30の違い


読んだ お気に入り(5)

【Part30】

調るなじてはいけない



「調子に乗るな」を信じてはいけない。 | ストレスをためる人とためない人の30の違い

まく言っている人たちを見て、こういうことを言う人がいます。

  • 「調子に乗るな」

調子に乗っていると偉そうに見え、羨ましいから、そういう嫌みを言います。

でも、本当は調子には乗ったほうがいいのです。

調子に乗れば、体力を使わず、ストレスも少なく、その上短時間で大きな前進ができるからです。

「調子に乗る=波に乗る」という状態です。

波乗りサーファーは、波に乗っているから、ぐんぐん前へと進むことができます。

波に乗っているだけですから、波という自然の力に押されるだけです。

体力も必要なく、ストレスもありません。

自分の力に波の力も加わった最高潮の状態ですから、自分の限界を超えたスピードで、前へと進むことができます。

それが「調子に乗る」という状態です。

不調どころか、むしろ好調です。

ベストの状態ですから、止める必要はありません。

「調子に乗るな」ではなく「調子に乗れ!」と話しかけるほうが、適切なのです。

「調子が出てきた」と思ったら、もっと調子に乗ってしまいましょう。

乗っているときに進めるだけ前へと進んでおくほうがいいのです。



ストレスをためる人とためない人の違い Part30

調


 

 共有


 マイページ



メモ

 あわせて読みたい


 キーワード


 同じカテゴリーの作品


 

 もくじ(ストレスをためる人とためない人の30の違い)

  1. ストレスの本当の解決は、短期ではなく、長期で考えること!
  2. ストレスのほとんどは「肉体的」より「精神的」である。
  3. 心の運転は、車の運転と同じ。事故を起こす原因は、運転にある。
  4. ストレスをためている人は、弱いものをいじめようとする。ストレスをためない人は、弱いものを助けようとする。
  5. 短期的に考えていると、短気になる。
  6. 今日を懸命に生きる人は、賢く生きることができる。
  7. お金で動くと、ストレスが増える。喜びで動くと、ストレスがなくなる。
  8. 素直、正直が一番疲れない。
  9. 相手と話す前に、まず自分と話をしよう。
  10. ストレスをためる人は、受け止める。ストレスをためない人は、ばねにする。
  11. ストレスをためる人は「後回し」にする。ストレスをためない人は「今すぐ」に行う。
  12. 考えても分からないことは、すぐ答えを聞いてもいい。
  13. タバコは、いらいらを減らすどころか、増やしてしまう。
  14. マイナスの感情は、開き直ることで克服できる。
  15. 喧嘩をした相手とは、できるだけ早く仲直りすること。
  16. ストレスをためる人は、仕事をするために休まない。ストレスをためない人は、仕事をするために休む。
  17. ストレスをためる人は、我慢で乗り切ろうとする。ストレスをためない人は、協力で乗り切ろうとする。
  18. 生活のリズムが一定だから、ストレスも小さくなる。
  19. おしゃべりな人は、ストレスをためにくい。
  20. ルールを先に考えすぎると、挫折する。しながらルールを覚えると、楽しくなる。
  21. 楽しさや面白さは、自分から積極的に見つけていく。
  22. もつれた糸をほどくために、いったん休憩を入れる。
  23. 海外旅行で、自分リセット!
  24. 流れが悪くなったとき、ストレスを感じ始める。
  25. ストレスの多い人は「完全」を求める。ストレスの少ない人は「適当」を求める。
  26. ごちゃごちゃした部屋は、心もごちゃごちゃになる。すっきりした部屋は、心もすっきりする。
  27. 負けると分かっている戦いには「逃げる」という選択が最適。
  28. 質より、量をこなせば、ストレスがなくなる。
  29. 競争に熱くなっても、自分のペースを崩すことだけはしないこと。
  30. 「調子に乗るな」を信じてはいけない。