告白

告白の成功率を上げる
30の方法

読んだ お気に入り30
8

告白で一度断られても、
社交辞令だと考える。

告白で一度断られても、社交辞令だと考える。 | 告白の成功率を上げる30の方法

一度告白をして、断られて諦める人が実に多い。

なぜか多くの人が1回断られるくらいで、あっさり諦めてしまいます。

つくづく思うのですが、そんなルールはありません。

 

しかし、告白で1回断られれば二度とチャンスがないような雰囲気が一般的になっていて、残念です。

1人に対して、一生に一度しか告白してはいけないというルールはありません。

まず、そこに気づきましょう。

1人に対して何度も告白していいのです。

恋愛のチャンスはたくさんあることに気づくはずです。

そもそも告白で最初に断ってくるのは、社交辞令です。

相手は、あなたの気持ちが本気かどうか、確かめているのです。

告白をして、本気かどうか分からないから、とりあえず「ごめんなさい」と言います。

それは「断っている」というより「試している」というレベルです。

相手が「分かりました。諦めます」と言えば「なんだ。そんな程度だったのね。断ってよかった」と思います。

愛する気持ちが小さいことが分かるのです。

試されています。

断られてからが勝負です。

断られてからも誠意ある態度を変えず、好意を伝え続けましょう。

しばらく間を置いてから、もう一度告白をしてみるのです。

「どうしても忘れられない。好きです。付き合ってください」

告白を繰り返すことで、ようやく「この人の気持ちは本気だ」と分かります。

愛する気持ちが大きい様子が伝わってきます。

告白で一度断られたくらいで諦めないでください。

断られてからが、本番です。

まとめ

告白の成功率を上げる方法 その8
  • 告白で相手に一度断られたくらいで諦めるのは、やめる。
バレンタインデーに告白する勇気のない人が、上手に告白する方法。

もくじ
告白の成功率を上げる30の方法
告白で一度断られても、社交辞令だと考える。 | 告白の成功率を上げる30の方法

  1. メールアドレスも電話番号も知らない状態で、告白はするべからず。
  2. 恋愛で、必死になってはいけない?
  3. 告白のときに、敬語を使うと、本気が伝わりやすい。
  4. 「like」を強調するのは、告白の基本。
  5. 昼間に告白すると、白けやすい。
    告白は、薄暗い場所や時間帯を狙え。
  6. 告白の言葉に「with」を含めると、成功しやすい。
  7. 少し大げさな表現を含めたほうが、告白にはちょうどいい。
  8. 告白で一度断られても、社交辞令だと考える。
  9. バレンタインデーに告白する勇気のない人が、上手に告白する方法。
  10. 1年の中で、最も告白の成功率の高い日とは。
  11. ここだけの話。
    告白でNOと言いにくい絶妙な状況とタイミング。
  12. 人は、自分の好きな人について尋ねてくる人を、好きになる。
  13. 声が聞きたいという理由だけで、電話をしてもいい。
  14. 「1人では行きにくい」という理由をつければ、デートに誘いやすくなる。
  15. 相手に大きな変化が訪れる瞬間は、告白のチャンス。
  16. 相手が悲しんでいるときは、告白のタイミング。
  17. 話の流れで、急な告白があってもいい。
  18. 傷つかない片思いに逃げていると、いつか後悔する。
  19. 自分磨きをする人にありがちな、恋愛の矛盾。
  20. 好きな人の友達に幸せが訪れたときこそ、告白のチャンス。
  21. 乗馬の騎士から学ぶ、一体感を出すコツ。
  22. 「付き合っている人、いるでしょ」と聞くのは、すでに告白である。
  23. すでに付き合っているなら、2番目を狙えばいい。
  24. 電話番号をもらった瞬間に電話をかける、うまい口実。
  25. 好きな人の名前を書くとき、あなたの深層心理が表に出る。
  26. 告白の成功率を上げるなら、食後を狙え。
  27. ラフな格好で告白をすると、冗談なのかと誤解されやすくなる。
  28. 言いにくい言葉は、メールで伝える。
    本気を伝えるときは、会って伝える。
  29. 告白前に「2日連続でデート」を経験しておく。
  30. どうせ無理だと思うなら、なおさら告白しやすいはずだ。

同じカテゴリーの作品