まとめ
(普通の日常を食のワンダーランドに変える30の方法)
普通の日常を食のワンダーランドに変える30の方法

  • 食のワンダーランドに行くのではなく、今いる場所を食のワンダーランドにする。
  • お食事券を持っているなら、早めに使う。
  • お気に入りの音楽をBGMにしなながら、食事をしよう。
  • 飲食店で食べることを「魔法」として考えてみる。
  • 自分の食べっぷりがいいときは、自分で自分の食べっぷりを褒める。
  • 行きつけのお店で、まだ食べたことのない料理を注文してみる。
  • 週末は外食をするベストタイミングと考える。
  • 1人で食べているときは、自分と一緒に食べているものと考える。
  • カフェ巡り・スイーツ巡りをばかにされても、気にせず貫く。
  • 7秒見つめて、相思相愛になってから、食べる。
  • 食べすぎには注意する。
  • 「食品売り場=食のワンダーランド」と考えて楽しむ。
  • たまには利き手でないほうの手を使って、食事をしてみる。
  • 新しい食べ物の名前を知ったら、忘れないうちにすぐメモを取る。
  • 新しいお店を見つけるために、いつもと違った道を通ってみる。
  • 人生を変えてくれるお店と出会うために、どんどん新しいお店を開拓していく。
  • お気に入りのエコバッグを持参して、買い物をエンターテイメントの時間に変える。
  • 贈り物の選択肢の1つとして、お食事券を検討してみる。
  • 食べ歩きが許される場所では「食べ歩き」という食べ方を楽しんでみる。
  • 新しいお店に入るときは、恥ずかしさを乗り越えるものとする。
  • ファッションだけでなく、食においても、季節の先取りを楽しもう。
  • 舌の上をダンス会場と思って、食べ物を踊らせる。
  • 食事をする時間を「夢の時間」と考える。
  • 年末のイベントとして、今年一番のアタリのお店に、大切な人を招待する。
  • 「食事」だけでなく「食後の余韻」にも意識を向け、きちんと心から味わう。 少しでも心地よい余韻にして、少しでも余韻を長く味わう。
  • すべての飲食店はピットとして考える。 疲れたり落ち込んだりしたときは、飲食店にピットインをする。
  • ユニークな食体験のために、たまには出前を頼んでみる。
  • 合言葉キャンペーンが恥ずかしいときは「勇気を鍛える機会」と考える。
  • おいしいものを見つけたら、素晴らしい発見として喜ぶ。
  • 「いつか食べてみたい」「いつか行ってみたい」を、本気になって、今日中に実現させる。

同じカテゴリーの作品

4:09
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION