子育て

まとめ
(子育てに疲れたときの30の言葉)
まとめ | 子育てに疲れたときの30の言葉

  • 「今は苦労する時期」と考える。
  • 親も子供に育ててもらっている状況に気づく。
  • できる範囲は、子供に自分でやってもらう。
  • 子供の寝顔と寝息で、癒される。
  • 親として、100点満点を目指さない。
  • どんどん弱音を吐いて、周りに協力を求めていく。
  • もたもたする子供にいらいらしたら、自分に余裕を作る。
  • 子供に愛情を、たっぷり注ぐ。
  • 子育てから開放される時間を作る。
  • 子育てを楽しもうと考える。
  • 子供が歌っているときは、親も一緒に歌う。
  • 「まだ子供だからね」は禁句にして「いつかできるようになるよ」と言う。
  • 子供を笑わせながら、親も子供に戻る。
  • 子供からもたくさんの喜びと感動をもらっていることに気づく。
  • 子供の発達が遅くても、無理をさせず、ありのままの成長に任せる。
  • 子育てを通して、本当の自分を知る。
  • 子供を変えたければ、まず親が変わる。
  • 昔の自分だと思いながら、子供と接する。
  • 親のために努力してくれたときは、子供にも「ありがとう」と言って感謝する。
  • 子育てに疲れてきたら、子供の素晴らしい点について考える。
  • 「重くなった」ではなく「成長した」と考え、子供の成長を喜ぶ。
  • 子供の甘えは「愛を求めている」と考える。
  • 素直に言うことを聞いてくれないわが子に、可能性を感じる。
  • 子育ては「のんびりだけど精いっぱい」を心がける。
  • 「今日は全然ダメだった」という日を受け入れる。
  • 子育てでは「飽きない」「焦らない」「諦めない」の3つを大切にする。
  • 子育てを楽しめる期間を意識して、1日1日を大切にする。
  • 国を育てているつもりで、子供を育てる。
  • 子供の育ち方は、親が決めるのではなく、子供に任せよう。
  • 今日の自分の課題として、愛情を子供に与える。

同じカテゴリーの作品