人付き合い

まとめ
(人間関係に疲れたときの30の言葉)
人間関係に疲れたときの30の言葉

  • 人間関係で、相手や自分に完璧を求めるのはやめる。
  • 足を踏まれたときは「大丈夫です」と言って、にっこりする。
  • 人間関係が嫌になれば、切るのではなく、距離を置く。
  • 「この前は、ありがとうございました」と言ってから、感謝の理由を考える。
  • 当たり前の話は「再確認の機会になった」と考える。
  • 褒め言葉には、褒め言葉で返事をする。
  • ストレスがあっても、ため込まないようにする。
  • ストレス発散を、月・週・日の3段階で、定例化させる。
  • 守れる自信がない約束は、しないようにする。
  • 外国語のできる人は、妬むより、頼りにする。
  • 親交を深めるために、どんどんお金を使う。
  • 友達の数を自慢するのはやめる。
  • 困った表情は、笑顔になる。
  • 突然、プレゼントをしてみる。
  • 人を騙すような生き方は、やめる。
  • 相手より、先にほほえむ。
  • 愛は、探すのではなく、自分の内側から掘り出す。
  • 人間関係の年齢を、忘れる。
  • 変身するときは、しっかり隠れる。
  • できるだけ多くの人を愛する人生を送る。
  • 誰かを積極的に愛して、身も心も美しくなる。
  • いらいらしている人がいれば「この人も大変なのだろう」と考える。
  • 嫌いな人は、なだめるように接する。
  • 喧嘩を避けるために、お金を使う。
  • 不謹慎な言葉の前には、配慮の一言を加える。
  • 嬉しいことがあれば、幸せの連鎖を意識する。
  • 部下は家族と思って、接する。
  • 1人の時間はほどほどにして、友達との仲も深める。
  • 偉くなっても、謙虚な姿勢を持ち続ける。
  • すべての人間関係は「家族」と考える。

同じカテゴリーの作品