まとめ
(メイクに欠かせない30の美人の法則)
メイクに欠かせない30の美人の法則

  • 美人の法則を意識しながら、メイクをする。
  • 顔にメイクをする場所を、5つに分けて考える。
  • メイクの3つの要素「形、色、質感」を、整える。
  • 15の質問を自分に問いかけて、メイクのバランスを整える。
  • 先に服を着て、全体的なバランスを見ながら、メイクをする。
  • ファンデーションの色選びは、えらの色を基準にする。
  • リキッドタイプのファンデーションを手に取るときは、指を物差しの代わりに使う。
  • 「髪の生え際から眉上、眉上から鼻下、鼻下から顎下」が「1:1:1」になるように、メイクする。
  • 自分の顔の正面と側面を、確認する。
  • 顔の横幅は、目が横に5つ分になるようにする。
  • 目の輪郭を整えるなら「縦幅1:横幅3」の目を意識する。
  • 自分のアイホールの位置を確かめる。
  • アイホールの位置をきちんと確認して、アイシャドーの入れ方の基準にする。
  • 鏡を正面から見て、まつげの付け根が見えるかどうかで、一重まぶたか二重まぶたかを判断する。
  • 眉の色は、髪の色に合わせる。
  • 上の歯だけを見せた笑顔になる。
  • 目を大きく見せたいときは、アイラインを目尻から離す。
  • アイシャドーは、3色を使って、美しく上品な目元を演出する。
  • 眉毛を、そりすぎないようにする。
  • 理想にのっとって、眉の形を整える。
  • メイク直しのタイミングは、食後を目安にする。
  • メガネをかける場合は、強調された目元に釣り合うよう、チークと口紅を仕上げる。
  • にっこりしながら、チークをつける。
  • 人差し指の先を握ったときの色を基準に、チークの色を選ぶ。
  • なりたいイメージに合わせて、チークの入れ方を工夫する。
  • フェイスパウダーがぎらぎらしすぎるなら、ファンデーションの量や質を疑ってみる。
  • 口紅の濃淡は、状況に応じて、使い分ける。
  • 理想的な唇の位置に、整える。
  • 唇の上下の比率が1:1.5、唇の縦横比が「1:3」になるように、口元を整える。
  • 口元のメイクは、山になった境界を、意識する。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION