メイク

まとめ
(メイクの悩みを解決する30のアドバイス)
メイクの悩みを解決する30のアドバイス

  • 女性はメイクを面倒と考えず、特権だと考える。
  • 元気が出ない朝は、温かいシャワーを浴びた後、明るいハイテンポの音楽を聴きながらメイクをする。
  • マスカラコートやフィルムタイプのマスカラを使って、パンダ目を防止する。
  • アイシャドーのグラデーションは、縦だけでなく、横にも整える。
  • 毛穴対策は、フェイスパウダーを使う。
  • メイクでしわが目立つ人は、メイク前の保湿や保湿効果のある化粧品を心がける。
  • 眉頭の真下に、シェーディングを入れて、立体感を出す。
  • アイラインのときは、化粧台に肘をつけて、手ぶれを防ぐ。
  • 薄くて大きなしみには、コンシーラーより、イエローのコントロールカラーを使う。
  • 着物を着るときは、落ち着いたメイクを心がける。
  • 刃物に対する恐怖が抜けないときは、ペンシルやブラシのみで、眉の頭だけ整える。
  • 乳液を含ませたコットンで、崩れた部分を拭き取ってから、メイクをやり直す。
  • 短いまつげだからこそ、マスカラをつける。
  • 肌の欠点を、完璧に隠すのはやめる。
  • 赤ら顔は、グリーンのコントロールカラーで肌を整えてから、チークを入れる。
  • 目の充血で困ったときは、目の充血を取る目薬を使う。
  • くすみを消して透明感を出したいときは、ブルーのコントロールカラーを使う。
  • 睡眠不足で腫れた目元には、ライトブルーのアイシャドーで引き締める。
  • まつげが少ない人は、セパレートタイプのマスカラを使う。
  • 繊維タイプとフィルムタイプの長所を組み合わせて、より美しいまつげに仕上げる。
  • マスカラにカールとボリュームを求めるときは、カールタイプの上に、ボリュームタイプを重ねる。
  • ビューラーでしっかりまつげを上げて、粘着性や耐水性のあるマスカラを使う。
  • マスカラのついたまつげがよれたら、ホットビューラーで、カールを復活させる。
  • 脂性肌の人は「薄化粧」「パウダータイプ化粧品」「あぶらとり紙」を心がける。
  • 鼻の黒ずみは、肌より少し明るめのリキッドタイプのコンシーラーで、カバーする。
  • 簡単メイクの方法を、身につける。
  • まぶたのしわの溝にたまったアイシャドーをぼかすために、綿棒を持参する。
  • 落ちやすいアイシャドーには、リキッドタイプのファンデーションをまぶたに塗るか、アイシャドー専用の下地を使う。
  • 毎日そるのが肌の負担になるなら、少し青くなった部分をコンシーラーで隠す。
  • 眉の山の高さを調整して、顔の形の印象を変える。

同じカテゴリーの作品