人付き合い

まとめ
(男をうまく操る30の方法)
男をうまく操る30の方法

  • 男性をうまく操れる、知的な女性になる。
  • 男性のプライドは、否定するのではなく、肯定する。
  • 夫の仕事に対する姿勢を、褒める。
  • 男性に向かって「ダメね」だけは、絶対に言わないようにする。
  • 体を求められたら、一度は拒否する。
  • 守るべきものがある女性を、演じる。
  • 「もっと親しくなってから」と言いながら、拒否をする。
  • 拒否をしても再アタックする男性と、付き合う。
  • 自分でできることでもわざとできないふりをして、男性との接触チャンスを増やす。
  • 「わあい」と言って、男性を油断させる。
  • 質問形式で、いつもと違っているところに気づいてもらう。
  • たまにはわざと返信を遅らせてみる。
  • 女性として見られるために、半身浴の話を出す。
  • 「恥ずかしがらない面」と「恥ずかしがる面」を、自在に操る。
  • 遠くから視線を送る。
  • 男性には「こういうことをお願いできるのは、あなただけ」と言って、お願いする。
  • 男性の前で、涙は隠さず、積極的に見せる。
  • 雨の日のデートは、わざと傘を忘れて行く。
  • 「ご褒美」という言葉で、男を興奮させる。
  • 急なキャンセルは、快く承諾しつつも、借りをつくらせる。
  • 足は膝を揃え、斜めに傾ける。
  • 「初めて」というキーワードで、男性を持ち上げる。
  • 「お酒に強そう」と言って、おだてる。
  • 「モテそうだね」と言って、男性を持ち上げる。
  • ちょっと弱いふりをする。
  • 気の利いた表現が浮かばないときは「うまく言えないけど、すごいね」と言う。
  • 出どころが答えにくいときは「親からプレゼントされたもの」と答える。
  • 男性にお願いするときは、上目遣いになる。
  • 約束の時間に、少しだけ遅れる。
  • 「おやすみなさい」の後に「いい夢が見られますように」という言葉を加えて、催眠術をかける。

同じカテゴリーの作品