魅力的な文章を書く
30の方法

24
8

「アイデア」は、
大当たりの宝くじ。
ふと浮かんだアイデアで、
魅力を表現できる。

「アイデア」は、大当たりの宝くじ。ふと浮かんだアイデアで、魅力を表現できる。 | 魅力的な文章を書く30の方法

魅力的な文章は「新しさ」から生まれてきます。

では、その「新しさ」は、どこで生まれてくるのでしょうか。

「新しさ」は「アイデア」から、生まれて湧き出てきます。

魅力的な文章を書くために、新しい文章を書き、新しい文章のためにアイデアを考えてみましょう。

アイデアは、自分の考えだけで生まれるアイデアだけが、すべてではありません。

自分で考えるアイデアは、実は「真似をしたアイデア」です。

前にもどこかでやったことがあるような、見たことがあるようなアイデアです。

それも、1つの手でしょう。

新しさを取り入れるためには、誰かの真似をすることも必要です。

しかし、本当のアイデアは「ふと、思いつくもの」です。

力まないで、前触れもなく、ある瞬間に突然やってきます。

アイデアが思い浮かぶ瞬間には、ある共通点があります。

アイデアが浮かぶときは「化学反応」が起こったときです。

よい例が、読書です。

読書は、著者と読者の2人の考えが混ざり合う化学反応です。

著者の考えと自分の考えを混ぜ合わせることで、新しいアイデアがふと、浮かんできます。

「著者の考え+自分の考え=アイデア」です。

混ぜ合わせるのは、何も本だけではありません。

テレビを見ているとき、友人と話しているとき、歌っているとき、叱られているときなどでも浮かんできます。

いろいろなことが自分と触れ合うことで、ある瞬間にふと、アイデアが出てきます。

アイデアは、日常ささいなことからも浮かんでくるものなのです。

大切なことは、その時浮かんだアイデアを、大切にするかどうかです。

ほとんどの人が、捨ててしまっています。

これでは、もったいない。

ふとしたアイデアで、人生が変わるかもしれません。

大金持ちになれるかもしれません。

なのに、アイデアを捨ててしまうのは、大当たりの宝くじを捨てるようなものです。

アイデアは、大当たりの宝くじなのです。

魅力的な文章を書く方法(24)
  • ふと浮かんだアイデアを、大切にする。
わくわくさせる「演出」を、するだけでいい。

魅力的な文章を書く30の方法
魅力的な文章を書く30の方法

  1. 書きたいところから、書けばいい。
    書きたいところから、書けばいい。
  2. 自分らしい文章を書くためには、力みすぎないことが大切。
    自分らしい文章を書くためには、力みすぎないことが大切。
  3. フォントで、文章のイメージが決まる。
    フォントで、文章のイメージが決まる。
  4. 真っ白な分厚めの紙を使うと、文章の評価が上がる。
    真っ白な分厚めの紙を使うと、文章の評価が上がる。
  5. 一度にたくさん話すのではなく、1項目につき1つだけに絞ると、読み手は理解しやすくなる。
    一度にたくさん話すのではなく、1項目につき1つだけに絞ると、読み手は理解しやすくなる。
  6. 一気に書ききる「短期集中」のほうが、質が上がる。
    一気に書ききる「短期集中」のほうが、質が上がる。
  7. たくさんの色を使いすぎると、どこが大切なのか、読み手が混乱する。
    たくさんの色を使いすぎると、どこが大切なのか、読み手が混乱する。
  8. 長い1文は、お説教になってしまう。<br>短い1文は、名文になる。
    長い1文は、お説教になってしまう。
    短い1文は、名文になる。
  9. 横書きは、横書きだけに統一する。
    横書きは、横書きだけに統一する。
  10. 人生経験の奥深さが、文章の奥深さになっていく。
    人生経験の奥深さが、文章の奥深さになっていく。
  11. 太字がない本のほうが、実は学びが深くなる。
    太字がない本のほうが、実は学びが深くなる。
  12. 抽象的なエピソードは、わかりにくい。<br>具体的なエピソードが、面白い。
    抽象的なエピソードは、わかりにくい。
    具体的なエピソードが、面白い。
  13. 夜書いた文章を、朝、冷静になって読んで意味が通るなら、大丈夫。
    夜書いた文章を、朝、冷静になって読んで意味が通るなら、大丈夫。
  14. 書き手の波長と同じ読者が集まる。<br>読み手の波長は、一致する。
    書き手の波長と同じ読者が集まる。
    読み手の波長は、一致する。
  15. 「括弧」を使うと、読みやすくて理解しやすくなる。
    「括弧」を使うと、読みやすくて理解しやすくなる。
  16. 口で言えないことは、文字にして伝えると、うまくいく。
    口で言えないことは、文字にして伝えると、うまくいく。
  17. メールには、縁もゆかりもない人同士を引き付ける力がある。
    メールには、縁もゆかりもない人同士を引き付ける力がある。
  18. 悪口をやめて、褒める文章にすることで、明るい文章が出来上がる。
    悪口をやめて、褒める文章にすることで、明るい文章が出来上がる。
  19. 表現方法は、文章だけでない。<br>音楽、演技、絵画、形でも、立派な表現ができる。
    表現方法は、文章だけでない。
    音楽、演技、絵画、形でも、立派な表現ができる。
  20. 作家になりたいという「夢」があるなら、頼まれる前に書いている。
    作家になりたいという「夢」があるなら、頼まれる前に書いている。
  21. キャッチフレーズがあるだけで、たくさんの人が引き寄せられていく。
    キャッチフレーズがあるだけで、たくさんの人が引き寄せられていく。
  22. 「書くこと」は「自分を発見すること」だ。
    「書くこと」は「自分を発見すること」だ。
  23. 「新しさ」が、文章の魅力になる。
    「新しさ」が、文章の魅力になる。
  24. 「アイデア」は、大当たりの宝くじ。<br>ふと浮かんだアイデアで、魅力を表現できる。
    「アイデア」は、大当たりの宝くじ。
    ふと浮かんだアイデアで、魅力を表現できる。
  25. わくわくさせる「演出」を、するだけでいい。
    わくわくさせる「演出」を、するだけでいい。
  26. 量をこなせば、夢が叶う。
    量をこなせば、夢が叶う。
  27. 読者を励ますフレーズがあれば、明るい締めくくりができる。
    読者を励ますフレーズがあれば、明るい締めくくりができる。
  28. 気持ちを共有できる文章を書くと、読者のストレスが軽くなる。
    気持ちを共有できる文章を書くと、読者のストレスが軽くなる。
  29. 物事の善悪や成否は、説得力によって、決まる。<br>一番大切なのは、説得力だ。
    物事の善悪や成否は、説得力によって、決まる。
    一番大切なのは、説得力だ。
  30. 書き方は、自分で作る。<br>自分が作る書き方こそ、自分らしい書き方。
    書き方は、自分で作る。
    自分が作る書き方こそ、自分らしい書き方。

同じカテゴリーの作品

2:44
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION