文章力

魅力的な文章を書く
30の方法

読んだ お気に入り19
26

量をこなせば、
夢が叶う。

量をこなせば、夢が叶う。 | 魅力的な文章を書く30の方法

夢を叶えるコツは「量をこなすこと」です。

夢を叶えている人は、決まって、すごい量をこなしています。

映画監督になっている人は、たくさんの映画を見てきています。

プロとして活躍している野球選手は、たくさんの練習をしてきました。

作家になっている人は、たくさん本を読み、たくさん書いています。

生まれたときから映画監督の人はいません。

夢の形である映画監督にしろ、プロ野球選手にしろ、作家にしろ、生まれてから努力をして手に入れた夢です。

なぜ夢を叶えることができたのでしょうか。

量なのです。

自分の大好きなことをどんどん量をこなしていけば、あるときから「質」へと変わるときがやってきます。

一発勝負のまぐれで得た質ではありません。

量をこなして身につけた「本当の質」です。

さらに量をこなすと、質は「才能」へと変わります。

才能を分解してみると、数え切れないくらいたくさんの「量」の塊です。

うまく文章を書きたい人に、コツがあります。

まず「量」をこなせばいいのです。

どれだけ量をこなしたかが、勝負です。

たくさんやっていれば、嫌でもうまくなっています。

生まれて初めて乗る自転車と同じです。

最初は誰も、自転車に乗れません。

私も始め、自転車に乗れませんでした。

毎日近くの神社で、母と祖母に付き添ってもらって、たくさん練習をしていました。

いつからか、ある瞬間から、乗れるようになりました。

乗れるようになったから、もっとたくさん自転車に乗るようになりました。

結果として、自転車の運転が身につきました。

私は最初から自転車に乗れたわけではありません。

練習をたくさんこなして、量を経験した結果なのです。

自分の才能がないからと、すぐ諦めてしまう人がいます。

自分に才能がない人に限って、まだやったことがない人が大半です。

自分に本当に才能があるかないかは、やるだけやってから言う言葉なのです。

まとめ

魅力的な文章を書く方法 その26
  • 書く経験を、大量にこなす。
読者を励ますフレーズがあれば、明るい締めくくりができる。

もくじ
魅力的な文章を書く30の方法
量をこなせば、夢が叶う。 | 魅力的な文章を書く30の方法

  1. 書きたいところから、書けばいい。
  2. 自分らしい文章を書くためには、力みすぎないことが大切。
  3. フォントで、文章のイメージが決まる。
  4. 真っ白な分厚めの紙を使うと、文章の評価が上がる。
  5. 一度にたくさん話すのではなく、1項目につき1つだけに絞ると、読み手は理解しやすくなる。
  6. 一気に書ききる「短期集中」のほうが、質が上がる。
  7. たくさんの色を使いすぎると、どこが大切なのか、読み手が混乱する。
  8. 長い1文は、お説教になってしまう。
    短い1文は、名文になる。
  9. 横書きは、横書きだけに統一する。
  10. 人生経験の奥深さが、文章の奥深さになっていく。
  11. 太字がない本のほうが、実は学びが深くなる。
  12. 抽象的なエピソードは、分かりにくい。
    具体的なエピソードが、面白い。
  13. 夜書いた文章を、朝、冷静になって読んで意味が通るなら、大丈夫。
  14. 書き手の波長と同じ読者が集まる。
    読み手の波長は、一致する。
  15. 「括弧」を使うと、読みやすくて理解しやすくなる。
  16. 口で言えないことは、文字にして伝えると、うまくいく。
  17. メールには、縁もゆかりもない人同士を引き付ける力がある。
  18. 悪口をやめて、褒める文章にすることで、明るい文章が出来上がる。
  19. 表現方法は、文章だけでない。
    音楽、演技、絵画、形でも、立派な表現ができる。
  20. 作家になりたいという「夢」があるなら、頼まれる前に書いている。
  21. キャッチフレーズがあるだけで、たくさんの人が引き寄せられていく。
  22. 「書くこと」は「自分を発見すること」だ。
  23. 「新しさ」が、文章の魅力になる。
  24. 「アイデア」は、大当たりの宝くじ。
    ふと浮かんだアイデアで、魅力を表現できる。
  25. わくわくさせる「演出」を、するだけでいい。
  26. 量をこなせば、夢が叶う。
  27. 読者を励ますフレーズがあれば、明るい締めくくりができる。
  28. 気持ちを共有できる文章を書くと、読者のストレスが軽くなる。
  29. 物事の善悪や成否は、説得力によって、決まる。
    一番大切なのは、説得力だ。
  30. 書き方は、自分で作る。
    自分が作る書き方こそ、自分らしい書き方。

同じカテゴリーの作品