公開日:2024年6月30日
執筆者:水口貴博

まとめ
(新しい趣味を見つける30の方法)

  • 一度も経験したことがないなら、見た目や雰囲気だけでつまらないと決めつけず、チャレンジのつもりでやってみる。
  • 無趣味の人は、三日坊主を前提に、いろいろなことにチャレンジしてみる。
  • 自分の興味関心に従って行動する。
  • 気になる習い事を見つけたら、すぐ足を運ぶ。
  • 好きなこと・興味のあることを書き出してみる。
  • 気になる趣味があれば、年齢に関係なく、チャレンジしてみる。
  • 資格も年齢も気にしない。
  • 100点満点の趣味は探さない。 「8割合っていればOK」という考え方で、趣味のストライクゾーンを広げる。
  • 人の趣味に興味を持ったら、どんどん自分のライフスタイルに取り入れていく。
  • 無料体験やお試し期間があれば、恥ずかしがらず、どんどん活用する。
  • 趣味を勧められたら、うわべの返事で終わらせるのではなく、素直に受け入れてみる。
  • 「よかったら、一緒にやってみない?」と誘われたら、できるだけチャレンジしてみる。
  • ぴんと来ないときは、専門家や愛好家から楽しみ方を教えてもらう。
  • 無趣味の人は「趣味を作る」というプロセスを楽しむ。 すでに趣味がある人は「新しい趣味を作る」というプロセスを楽しむ。
  • 「趣味一覧」「趣味ランキング」の検索キーワードでチェックしてみる。
  • 初めてのやるときは、普通に取り組むのではなく、入門・基礎レベルから始める。
  • 友人に趣味の紹介してもらう。
  • 「好きな人の趣味」という理由で、同じ趣味を始めてみる。
  • 今の趣味に関係したことで、新しい趣味として始める。
  • 人に迷惑をかけない趣味であれば、人から否定されようと、堂々と趣味宣言をする。
  • 「趣味をする暇があっていいな」と思うことがあれば、その人の時間捻出の努力を見習う。
  • ギャンブルを趣味にする場合は、あらかじめ使える金額を決めたうえで楽しむ。
  • いつの間にかやらなくなった趣味があるなら、再開してみる。
  • 無趣味の人は、本当に趣味がないのか、あらためて生活を振り返ってみる。
  • 法に触れるようなことはしない。 悪い人間関係は、今すぐ断ち切る。
  • 新しい趣味に興味を持ったら、自分を抑え込まず、どんどんチャレンジする。
  • 始める動機にこだわらず、就活対策でも何でもいいから、とにかく新しい趣味にチャレンジしてみる。
  • 新しい趣味を始めるときは、常に今がベストタイミングだと考える。
  • 余計なことを考えず、とことん自分に正直になる。
  • 本気になって趣味を見つける。

同じカテゴリーの作品

4:12
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION