執筆者:水口貴博

まとめ
(大人の対応ができる人になる30の方法)
大人の対応ができる人になる30の方法

  • 人間関係でいらいらすることがあっても、仏頂面ではなく、笑顔で対応する。
  • 批判されたら、批判ではなく、感謝で言い返す。
  • どんどん挨拶をしていく。
  • 挨拶を返してこない人であっても、挨拶を続ける。 たとえ相手から嫌われていても、挨拶を貫く。
  • 同じことを2回言わされることになっても、文句を言わず、素直に繰り返す。
  • 大げさな数字や言葉は使わず、シンプルな数字や言葉で表現する。
  • 法律に反してなくても、モラルに反することはしない。
  • 多数決の結果には、素直に従う。
  • 人からのアドバイスは、有益・無益に関係なく、素直にお礼を伝える。
  • 断られたとき、捨てゼリフを吐かず、感じのいいセリフを心がける。
  • 窓口の人にも、リスペクトを持って接する。
  • 下品な人には、上品に接する。
  • 集中している人には、できるだけ声をかけず、非同期の連絡手段を利用する。 声をかけるなら、小声やノックなどの配慮を心がける。
  • うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。
  • お使いを頼んで違った商品を購入されても、腹を立てない。 きちんと感謝を伝えたうえで、自分の指示の仕方を反省する。
  • 電話がかかって受話器を取れば、相手の第一声に集中して、名前を聞き返すことがないようする。
  • 社交辞令を言うことはあっても、過度にならないよう注意する。
  • 段取りが悪いパーティーは、文句を言うのではなく、できる範囲で協力する。
  • 食べ放題のとき、高級なものばかり満腹になるまで食べるのではなく、食べたいものを食べ、腹八分目で終わるようにする。
  • 自分が悪いと思ったら、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  • 自撮りを加工するときは「ほどほど」にしておく。
  • 人の幸福には、余計なことは言わず、素直に祝福の言葉をかける。
  • 返事をするとき「そうですね」の一言は省く。
  • 自由席の交流会では、余計な間隔は空けず、人の隣に座っていく。 元気な人がいれば、ぜひ隣に座らせてもらう。
  • テーブルの上の水滴は、店員さんに声をかけて拭いてもらう。 あるいは、手持ちのティッシュやコンディメントバーにある紙ナプキンで拭き取る。
  • 恩着せがましい態度は出さない。 「誰のおかげで」というフレーズは禁句にする。
  • 警察官から職務質問で呼び止められたら「市民の義務」として素直に応じる。
  • 大人になって友人を作るのは不可能と思い込むのではなく、積極的に友人作りをしてみる。
  • 離婚報告をされたときは、相手の選択を肯定して、明るい言葉で励ます。
  • 負けたときは、くよくよするのではなく、笑顔で相手の勝利や成功をたたえる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION