人生の教科書



家族運営

「家族とは何か」を考える
30の言葉

お気に入り4 読んだ
29

家族とは、
銀行のようなもの。
預ける量が多いほど、
利子も大きくなる。

家族とは、銀行のようなもの。預ける量が多いほど、利子も大きくなる。 | 「家族とは何か」を考える30の言葉

仕事をしなくても、お金を増やす方法があります。

銀行に預けることです。

銀行にお金を預けると、利子の力で、お金をどんどん増やせます。

預けるお金が多いほど、お金も増えやすくなります。

家族も、銀行のようなものです。

家族は、愛情を増やすところです。

家族へは、お金ではなく、愛を預けます。

たくさんの愛情を得たければ、たくさんの愛情を家族に預けることが大切です。

たくさん愛を預けるほど、利子によって、愛情がどんどん増えていきます。

家族にどれだけの愛を預けていますか。

もっともっと、たくさんの愛情を預けましょう。

預ける愛情の量が多いほど、受け取る愛情も増えるのです。

まとめ

「家族とは何か」を考える言葉 その29
  • 家族にたくさんの愛情を、
    預ける。
家族とは、納豆と同じ。
よく練るほど、おいしい粘着力が出てくる。

もくじ
(「家族とは何か」を考える30の言葉)

同じカテゴリーの作品