人付き合い

まとめ
(「人間関係とは何か」を考える30の言葉)
「人間関係とは何か」を考える30の言葉

  • 自分は今、幸せの青い鳥の背中に乗って飛んでいることに、気づく。
  • 相手の表情を見て、自分の表情を確かめる。
  • 遠くから人を判断せず、まず近づいてみる。
  • 反発を感じたとき、攻撃するのではなく、距離を置く。
  • 人と一緒に汗を流す経験を、増やす。
  • 心の窓を、開ける。
  • 人間関係は、量より質を、重視する。
  • 人間関係のシャッフルを、楽しむ。
  • 心と体が温まれば、人間関係から抜けて、1人になる時間を作る。
  • 人間関係は、慌てて進めるのではなく、ゆっくり進める。
  • 人間関係は、弱火で煮込むイメージで、進める。
  • うるさい声とは、目覚めの声であることに、気づく。
  • 自分と違う人たちと、協力する。
  • 嫌な人間関係は、精神力を高める修行だと考える。
  • 2人の会話に割り込むときには、タイミングを確認する。
  • 自分は、人間関係を構成する欠かせない一部である自覚を、持つ。
  • 温まりにくい人間関係は、諦めずに、温め続ける。
  • 冷たい人間関係は、温める。
  • 人間関係にひびが入っても、仲直りをして、元に戻す。
  • サーファーが波に乗るつもりで、人間関係を楽しむ。
  • 大きな人間関係の喜びを、味わう。
  • いらいらしているときには、落ち着くまで待ってから、発言する。
  • ライバルの存在に感謝する。
  • 人間関係を、美術鑑賞のつもりで、接してみる。
  • 人間関係では、マナーを大切にする。
  • 水しぶきの小さい人間関係を、心がける。
  • スムーズに連絡が取れなくても、かっかせずに、待つ。
  • 意見を通すときは、集中する。
  • できないことは、できる人にお願いする。 できる人は、できない人を助ける。
  • 人間関係は、神様によるフラワーアレンジメントのつもりで、接していく。

同じカテゴリーの作品