人生の教科書



読み上げ動画・音声
プレゼン
プレゼンで速攻性のある緊張対策。
就職活動
面接に通らない人は、本番だけ入念。
面接に通る人は、準備と復習も入念。
就職活動
OB・OG訪問が恥ずかしくて、したくない。
プレゼン
プレゼンの流れは、聞くより見るほうが早い。
仕事効率化
本番で仕事が決まるのではない。
準備段階ですでに勝負がついている。
プレゼン
プレゼンが終わった後で、気を抜かない。

プレゼン初心者がける
30基本

お気に入り3 読んだ
30

何度入念リハーサルをしてこそ、
プレゼンはうまくいく

Appleの創設者スティーブ・ジョブズ氏は、卓越した発表者としても有名です。

分かりやすく説得力があります。

そんな彼のプレゼンでは、リハーサルは事前に何度も入念に行うそうです。

プロのミュージシャンでも、ライブを開く前には、いきなり本番ではなく、何度もリハーサルを行います。

プロは、プロだからリハーサルを行う必要もないとは考えません。

プロですら、リハーサルを何度も行っているのが現状です。

彼らの本番が成功しているのはたまたまや偶然ではなく、入念なリハーサルをした、たまものです。

たくさん人が集まるから、特別にリハーサルをしているのではありません。

リハーサルを特別なことだと思っているのは、きちんとした仕事をしようとする自覚が足りない証拠です。

きちんとした仕事をしようとする自覚があるから、自然とリハーサルしようとする気になります。

前もって本番に近い状態を作り、失敗がなくスムーズに進められるよう準備しています。

それが、本番を成功させ、うまくする王道です。

  • 「プレゼンに失敗した」

そういう人は、本当にリハーサルをきちんとやっていますか。

業務でプレゼンを行う場合、リハーサルをまったくせず、本番に臨む人が多い。

失敗して当然です。

スティーブ・ジョブズ氏やプロミュージシャンでさえ、プロでもおごらず、何度もリハーサルを繰り返します。

一般人の発表者なら、なおさら何度も繰り返しリハーサルを行う必要があるのです。

プレゼン初心者が心がける基本 その30

  • 何度し、
    リハーサルをしておく
まとめ

もくじ
(プレゼン初心者が心がける30の基本)

同じカテゴリーの作品