プレゼン

プレゼン初心者が心がける
30の基本

お気に入り4 読んだ
30

何度も入念にリハーサルをしてこそ、
プレゼンはうまくいく。

何度も入念にリハーサルをしてこそ、プレゼンはうまくいく。 | プレゼン初心者が心がける30の基本

Appleの創設者スティーブ・ジョブズ氏は、卓越した発表者としても有名です。

分かりやすく説得力があります。

そんな彼のプレゼンでは、リハーサルは事前に何度も入念に行うそうです。

プロのミュージシャンでも、ライブを開く前には、いきなり本番ではなく、何度もリハーサルを行います。

プロは、プロだからリハーサルを行う必要もないとは考えません。

プロですら、リハーサルを何度も行っているのが現状です。

彼らの本番が成功しているのはたまたまや偶然ではなく、入念なリハーサルをした、たまものです。

たくさん人が集まるから、特別にリハーサルをしているのではありません。

リハーサルを特別なことだと思っているのは、きちんとした仕事をしようとする自覚が足りない証拠です。

きちんとした仕事をしようとする自覚があるから、自然とリハーサルしようとする気になります。

前もって本番に近い状態を作り、失敗がなくスムーズに進められるよう準備しています。

それが、本番を成功させ、うまくする王道です。

「プレゼンに失敗した」

そういう人は、本当にリハーサルをきちんとやっていますか。

業務でプレゼンを行う場合、リハーサルをまったくせず、本番に臨む人が多い。

失敗して当然です。

スティーブ・ジョブズ氏やプロミュージシャンでさえ、プロでもおごらず、何度もリハーサルを繰り返します。

一般人の発表者なら、なおさら何度も繰り返しリハーサルを行う必要があるのです。

まとめ

プレゼン初心者が心がける基本 その30
  • 何度も繰り返し、リハーサルをしておく。
まとめ

もくじ
プレゼン初心者が心がける30の基本
何度も入念にリハーサルをしてこそ、プレゼンはうまくいく。 | プレゼン初心者が心がける30の基本

  1. プレゼン・技能は、自転車に乗るのと同じだ。
    大事なのは、才能ではなく、努力と練習の積み重ね。
  2. プレゼンの流れは、聞くより見るほうが早い。
  3. 発表者が資料作成すれば、自然とうまくプレゼンができるようになる。
  4. 緊張を避けたければ、1番目を狙え。
  5. 身ぶり手ぶりは、実は貧乏ゆすりと同じ?
  6. 聞く気のある人に向けて、メッセージを発信する。
  7. 質疑応答は、最後にまとめるほうがいい。
  8. プレゼンにも、自動車と同じ「若葉マーク」がある。
  9. 相手の表情が硬い?もしや、自分のことではありませんか。
  10. 人間は緊張すると、自然と早口になりやすい。
  11. プレゼンでの小さな声は、悪い評価につながりやすい。
  12. 緊張の中では、事前に意識したことさえ忘れてしまう。
  13. 人数分ちょうどの資料を用意してはいけない。
  14. 突然増えるかもしれない参加者のために、余分に用意したい資料の目安。
  15. 「曖昧な表現」も「言い切る表現」も使いにくいときの便利な一言。
  16. 発表者だけが資料を確認しているかぎり、汚点は発見できない。
  17. 資料の棒読みは避けるとはいえ、なかなか難しい。
    棒読みを避ける方法とは。
  18. 現状の問題点を提起してから新商品の説明を始めると、聞き手は興味を示し始める。
  19. 発表者は、ネクタイが曲がっていないか本番前に要チェック。
  20. 1分以上、立て続けに話し続けないこと。
  21. 1セクション5分を心がければ、自然とリズム感が出てくる。
  22. プレゼンで速攻性のある緊張対策。
  23. 新人だからとはいえ、おどおど説明するのは逆に失礼。
    壇上に上がれば、先輩も後輩も関係ない。
  24. プレゼンは芝居だ。
    役者になって演じよう。
  25. あらかじめ下見をして、事前チェックを怠らない。
  26. プレゼンにまとめを作って、後味をよくする。
  27. 質疑応答で、答えられない質問が飛んできた。
    さあ、どうするか。
  28. 居眠りをし始める人が目立ってきたら、一度休憩を入れたほうがいい。
  29. 居眠りが悪とは限らない。
    参加者からのクレームとして受け止める。
  30. 何度も入念にリハーサルをしてこそ、プレゼンはうまくいく。

同じカテゴリーの作品