旅行

まとめ
(海外旅行で注意したい30のタブー)
まとめ | 海外旅行で注意したい30のタブー

  • きちんとした服装に人に、気をつける。
  • 相手は、泥棒のプロだという意識を持つ。
  • 海外で偽物のブランド品を購入するのは、やめる。
  • 言葉が分からないなら、YesでもNoとも答えず、首も縦にも横にもふらないようにする。
  • 海外旅行の初日に、車を運転する予定は入れないようにする。
  • チップは、紙幣で渡す。
  • チップは枕の下ではなく、テーブルの上に置く。
  • 枕の下に置く不自然な習慣に、日本人らしさを発見する。
  • テレビの有料チャンネルには気をつける。
  • 履き慣れた靴と靴下を履いて、海外旅行へ行く。
  • 親切な人でも、急に近づいてくる人には注意をする。
  • テーブルや机の上に、むやみにお金や貴重品を置かないようにする。
  • 巨大美術館は、あらかじめ見たい目星を付けておく。
  • 海外で宗教を聞かれたら、素直に仏教徒と答える。
  • 寺院や銅像の前での不敬な行動は、慎む。
  • 大きな音がしたときこそ、持ち物に注意を払う。
  • 命に関わるトラブルでないかぎり「話のネタができた」と開き直って、冷静になる。
  • 到着当日にいきなりビーチで泳ぐのは、控える。
  • パスポートの有効期限に、気をつける。
  • 高級ブティックや高級ブランドショップでは、洋服に触る前、店員に一言話しかける。
  • にやにやしながらNOと言うのは、やめる。
  • 写真撮影は、許可されているかどうかを確認してからにする。
  • 赤道に近い国なら、普段から日焼け止めを塗っておく。
  • クレジットカードの保険対象になる条件を、満たしておく。
  • 海外旅行前に、クレジットカードの上限額を見直す。
  • 自分の状況や身の丈に合った「適切な上限額」を、設定する。
  • 海外では、あらゆる批判を慎むようにする。
  • ワインのオーダー時は「グラス1杯」なのか「ワイン1本」なのかを、強調して伝える。
  • 貴重品ほど、他人に預けないようにする。
  • 「お荷物をお預かります」と言われたら、素直に応じる。

同じカテゴリーの作品