まとめ
(飛行機のエコノミークラスを快適にする30の方法)
飛行機のエコノミークラスを快適にする30の方法

  • 快適な旅の工夫は、飛行機に乗ったときから始める。
  • 飛行機が出発する2時間前には、空港へ着くようにする。
  • 手荷物検査で疑われたら、むやみに拒まず、事務的に対応する。
  • 早めに搭乗手続きを終えたときこそ、気をつける。
  • 「出発時間」より「搭乗開始時間」に気をつける。
  • 空席移動は、ハッチが閉まった直後を狙う。
  • 横並びの席が確保できなければ、離陸前に理由をつけて座席の交代をお願いする。
  • お尻の痛みや椅子の高さを調整したいときには、ブランケットをお尻に敷く。
  • 人が込み始める時間をずらして、トイレに行く。
  • 飛行機内の乾燥は、安全対策1つであることに気づく。
  • 飛行機内の保湿対策をしっかりしておく。
  • 肌と喉の乾燥には、マスクを着用する。
  • 飛行機酔いしやすい人は、翼の近くに座席を予約する。
  • 座るときには、隣の人に一言挨拶をする。
  • 2時間に1回くらいは、体を動かす機会を作る。
  • 赤ちゃんと飛行機に乗るときには、きちんと対策を立てておく。
  • 頻繁に使うものは、足元や座席前の入れ物に入れておく。
  • 飛行機内こそ、マナーを大切にする。
  • 飛行機内で、神様になった気分を味わう。
  • 通路側に座っているなら、隣の人がトイレで席を立ったときに、窓の外の絶景を見ておく。
  • 自分の抱えている悩みの小ささに気づく。
  • 飛行機内で寒いと感じたら、ためらわず、もう1枚ブランケットを借りる。
  • くれぐれも飛行機内のお酒の量は「控えめ」にする。
  • スーツケースにネームタグをつける。
  • 古いネームタグをつけたままにしないようにする。
  • 無料とはいえ、すべてのサービスをやみくもに受けないようにする。
  • 機内で渡航先の新聞を読んで、現地の最新情報をキャッチする。
  • コーヒーは、寝る前には控え、到着する直前に飲む。
  • むくみや蒸れを防止するために、スリッパを持参していく。
  • お土産を買い忘れたら、飛行機内で買ってしまう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION