人生の教科書



気力

信念を貫く
30の方法

お気に入り18 読んだ
2

一番だけが、
成功ではない。

一番だけが、成功ではない。 | 信念を貫く30の方法

今までの成功哲学では「一番になること」が成功の定義でした。

スポーツなら、金メダル。

社会人なら、会社の社長です。

こういうことが成功の象徴でした。

 

たしかに一番は素晴らしい。

 

しかし、ちょっと待ってください。

この生き方には矛盾があります。

「一番が素晴らしい」ということは「一番以外は不幸になる」という生き方です。

「世界に1人しか幸せになれない」という生き方です。

金メダルを2人がもらうことはありません。

会社の社長が2人いるということもありません。

一番になれば幸せになれるという生き方では、残りの2番目以下の人たちはみんな不幸ということになります。

金メダルという一番だけを目指して、結果、銀メダルになってしまえば、涙を流すことでしょう。

 

「嬉し涙」ではなく「悔し涙」です。

 

一番になれなかったから、落ち込んでしまうのです。

本当は銀メダルでも、素晴らしい功績です。

大喜びしていい成績です。

 

しかし「一番になること」という考えしかなければ、一番以外はすべて不幸になってしまいます。

あなたは、一番を目指していないでしょうか。

 

たしかに響きはかっこいい。

否定する人も少ない。

 

しかし、1人だけしか幸せになれない生き方は、リスクが大きいのです。

自分がなれるとも限りません。

争いになり、競争になり、眉間にしわが寄ります。

疲れやすい生き方になるのです。

まとめ

信念を貫く方法 その2
  • 一番を目指すのはやめる。
「なりたい自分」になろうとしなくてもいい。
初めから「なるべき自分」が与えられている。

もくじ
(信念を貫く30の方法)

同じカテゴリーの作品