まとめ
(人の才能を伸ばす30の褒め方)
人の才能を伸ばす30の褒め方

  • 人間関係活性化のために、褒め言葉を使う。
  • 感情が新鮮なうちに、褒めてしまう。
  • 暗いニュースは、見ないようにする。
  • 感情や気分をコントロールするために、話題をコントロールする。
  • おいしくない食事は「変わった味ですね」と表現を変えて、褒めてしまう。
  • 「当たり前のこと」も、褒める守備範囲に含める。
  • 言葉も、褒める範囲に含める。
  • 褒める人になり、印象アップにつなげる。
  • 完了形と進行形の褒め言葉を使う。
  • たくさん褒めて、友人の行動を励ます。
  • 褒めることで、勉強好きになってもらう。
  • 陰でこそこそと、褒め言葉を言う。
  • 嘘のない褒め言葉を、伝える。
  • 「感謝される文章」より「感動できる文章」を目指す。
  • 大勢の人の前で、褒めてあげる。
  • 褒める人と付き合う。
  • 不幸な人の言うことに、耳を貸さないようにする。
  • みんなが褒めるようなところは、褒めないようにする。
  • 言葉をちょっと付け加えて、具体的に褒めるようにする。
  • 褒め言葉は否定をせずに、素直に受け止める。
  • 言葉を作ったご先祖様に、感謝する。
  • 1日1回は誰かを褒めて、性格をよくする。
  • 初めての人には、褒め言葉から話しかけてみる。
  • 悪口を言う人と、付き合わないようにする。
  • 褒め言葉は、常に正直にする。
  • 大人ほど、素直にストレートに気持ちを伝える。
  • 悪いところを、褒めてみる。
  • みんなと同じことは、しないようにする。
  • 新しい「色」を、取り入れる。
  • 自分で自分を、褒める。

同じカテゴリーの作品

3:17
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION