まとめ
(時間の使い方が上手になる30の方法)
時間の使い方が上手になる30の方法

  • 時間をコントロールする能力を身につける。
  • 時間が限られているなら、集中力を大事にして、時間の質を上げる。
  • 起きている時間の質を上げるために、しっかり睡眠時間を取る。
  • 「時間をいただいている」という意識を持つ。
  • 計画も予定も、きれいにするのではなく、大まかに考える。
  • 予定表は、決まる前に書き始める。
  • 「忙しい」という口癖はやめる。
  • 時間がないと愚痴る時間や労力があるなら、改善のために使う。
  • 相手の忙しさを尊重する。
  • 忙しいからこそ、本を読む。
  • 尿意を我慢しない。
  • 残り時間を、分単位・秒単位に言い換えて、可能性を見いだす。
  • メモは、きれいな字にこだわらない。
  • 時間を増やすために、完璧主義を改善する。
  • 忙しいときこそ、先に勉強の予定を作っておく。
  • エレベーターより階段のほうが早そうなら、階段を使う。
  • 座ってしていたことを、立ってしてみる。
  • 締め切りは、相手のためではなく、自分のためにあると考える。
  • 待ち時間は、メンタルを鍛える機会に変える。
  • 時間がないから諦めるのではなく、やってみる。
  • 「今だ」を「今しかない」に言い換えて、やる気を高める。
  • 大まかでもいいので、具体的に時間を言う癖をつける。
  • 時間の使い方が上手な人と付き合う。
  • 時間を節約するための、小まめな対応を大切にする。
  • お礼を言う時間がないほど忙しいなら、仕事そのものを見直す。
  • アナログ時計で、仕事のスピードアップを図る。
  • 1日10分でいいので、読書をする。
  • 目的に応じて、クイックとスローを使い分ける。
  • 削れても、人生で大切なことなら削らない。
  • 後回しにしている仕事を、今すぐ始める。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION