ビジネスマナー

まとめ
(社会人にふさわしい30の服装マナー)
社会人にふさわしい30の服装マナー

  • 身だしなみを整える。
  • 「派手」と「ブランド」は避ける。
  • どんなに暑くても、訪問する際にはスーツを着て、身だしなみを整えておく。
  • 片手でバッグを持ち、会社へ向かう。
  • 人と会う直前に「ニンニク」「タバコ」「汗」には気をつける。
  • 香水の強さに気をつける。
  • 香水はつけないようにする。
  • 露出の多い服装は、控える。
  • 面倒だからこそ、食後の歯磨きで差をつける。
  • しわでよれよれのシャツを、着ていかないようにする。
  • 形状記憶のワイシャツで、時間とお金を節約する。
  • ネクタイは、きちんとネクタイピンでとめる。
  • 脱いだスーツは、きちんとハンガーに掛ける。
  • 服装自由の職場でも、最低、仕事のできる服装で出社する。
  • 終業後にデートがあるからとはいえ、派手な格好で出社するのはやめる。
  • 手をきちんと拭いてから、トイレから出る。
  • 黒い靴下を履く。
  • 仕事を磨く前に、まず清潔感を磨く。
  • 背中のふけは、特に気をつける。
  • 地味なメイクを心がける。
  • 無難に、長髪とひげは避ける。
  • ズボンのチャック全開は「トイレに行かれてはいかがですか」という表現で、気づいてもらう。
  • ボディーラインを強調する服装は、やめる。
  • 予備を用意して、万が一に備える。
  • 消臭スプレーは、トイレや更衣室で活用する。
  • 男性は、細い眉を控えるようにする。
  • 私服の手本は、先輩を見習う。
  • 公共の場で、お化粧をするのはやめる。
  • はやりものを、社内に持ち込まないようにする。
  • 個性や性別に関係なく、ファッションカラーは落ち着いた色を選択する。

同じカテゴリーの作品