緊張・あがり症

まとめ
(緊張対策に役立つ30の基本知識)
緊張対策に役立つ30の基本知識

  • 緊張の意味や価値を学ぶ。
  • 少しでも緊張に強くなっておく。
  • 緊張する理由を理解する。
  • 緊張の判断は、自分の気持ちより、体の反応で確かめる。
  • 緊張を「適度な緊張」と「過度の緊張」に分けて考える。
  • 緊張しやすい場面と重点対策を確認しておく。
  • 緊張の4つの効果を理解する。
  • 緊張によって涙が出る理由を理解する。
  • 緊張したときに手足が冷える仕組みを理解する。
  • 緊張したときに出るあくびの意味を理解する。
  • 緊張したときに限って、頻繁にげっぷが出るなら「空気嚥下症」を疑う。
  • 緊張を遺伝のせいにせず、場数と成功体験を増やして、慣れるようにする。
  • 「前向きの精神」「割り切りの精神」「開き直りの精神」を大切にする。
  • 緊張対策として、トリプトファンが多く含まれている食べ物を食べる。
  • きちんと自分と向き合い、緊張する原因を探る。
  • 十分な睡眠を取っておく。
  • やりたくない仕事は早めに着手して、緊張が適度なうちに片付けておく。
  • 積極的になって、気合が緊張にならないよう注意する。
  • エゴイズムを捨て、利他主義になる。
  • 「種類」「体調」「心の成長」を考慮しながら、緊張の適度の範囲を見極める。
  • 人前での発表では、最低限の礼儀として、前を向いて話すようにする。
  • 緊張で口が渇いたときは「ガムを噛む」「噛む動作を繰り返す」「舌を動かす」などを試す。
  • 緊張と緊張感の違いを区別する。
  • リハーサルで見つけた自分の弱点を、重点的に練習しておく。
  • お酒で緊張をほぐすのはやめる。
  • 緊張で不眠に悩んだとき、お酒と睡眠薬には注意する。
  • 聴衆の表情から、自分の慣れ具合を確認する。
  • 日常に支障が出るほど緊張がひどいなら、専門医を受診する。
  • 緊張から解放されても、しばらく油断しない。
  • 「緊張してもいい」と思うようになることを目指す。

同じカテゴリーの作品