まとめ
(スーツの寿命を長くする30の方法)
スーツの寿命を長くする30の方法

  • スーツを手入れする波及効果に気づく。
  • 手入れにお金がかかっても、長期的には節約行為になっていると考える。
  • スーツは、物としてではなく、生き物として接する。
  • スーツを長持ちさせたければ、3種類のハンガーを使い分ける。
  • 帰宅すれば、疲れていても、まずスーツをハンガーに掛ける習慣をつける。
  • スーツを並べて収納するときは、最低でも2センチほど開けた状態で、収納する。
  • ハンガーに掛ける際は、ポケットに入っている物を、すべて取り出しておく。
  • こだわりがなければ、ブラッシング用のブラシは、天然の毛を使ったタイプを選ぶ。
  • スーツの上手なブラッシングを身につける。
  • 忘れがちなポケットも、しっかりブラッシングする。
  • スーツのしわを伸ばすときは、アイロンのスチームやしわ取り専用のスプレーを利用する。
  • こだわりがなければ、スーツに使うハンガーは、木製を選ぶ。
  • 蒸気などでしわを伸ばしたジャケットは、水分が蒸発してから、クローゼットに収納する。
  • 1日着たスーツは、できれば1日以上は休ませる。
  • スラックスを休めるときは、専用ハンガーを使い、逆さまにして吊す。
  • スラックスは、スラックス専用のハンガーに吊した状態で、ブラッシングをする。
  • スラックスのアイロンがけは、白色系の当て布を使う。
  • 定期的に、スーツを虫干しする。
  • 繊細な素材の扱いに自信がなければ、思いきってクリーニングを利用する。
  • スーツをきれいに仕上げる、5つのポイントを押さえる。
  • ドライクリーニングとウェットクリーニングの違いを、理解する。
  • クリーニングから戻ってきた衣類は、袋から取り出して、収納する。
  • スーツのクリーニングは、においや汚れが気になる場合を除き、3カ月に1回程度を目安とする。
  • 毎日同じスーツを着たければ、同じ柄を複数持つ。
  • ネクタイの手入れの方法を、きちんと意識する。
  • スーツが雨で濡れたときは、タオルやハンカチでは拭かず、自然乾燥にする。
  • タバコのにおいは、消臭スプレーを使った上で、日陰の風通しのよい場所に、ハンガーで吊しておく。
  • 部屋を舞うほこりを減らすために、定期的に部屋の掃除をする。
  • スーツを長期保管する場合は、防虫加工のクリーニングに出した後、防虫カバーに入れる。

同じカテゴリーの作品

3:59
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION