自分と向き合う30の方法


読んだ お気に入り(14)

【Part28】

あなたのしむに、
ちをごまかすというはありませんか



あなたの楽しむ行動の裏に、気持ちをごまかすという本音はありませんか。 | 自分と向き合う30の方法

  • 楽がないと生きていけない」

こうした愛にあふれる力強い言葉を口にする人を見かけます。

特に、プロのミュージシャンからはよく耳にする言葉ですね。

抑えきれないほどの音楽への情熱が、こちらまで伝わってきます。

  • 「よりよい音楽を作りたい」

  • 「音楽で多くの人を明るくさせたい」

  • 「音楽のおかげで、多くの困難を乗り越えることができた」

充実した時間ややる気や元気を出すために、まさに「音楽がないと生きていけない」というわけです。

あなたにとって、人生を豊かにするもので欠かせないことは何ですか。

人によって、何から充実感を得られるかはさまざまでしょう。

「友人と一緒にいる時間が幸せ」と感じる人もいることでしょう。

楽しい会話から明るさや元気をもらったり、学んだりすることはたくさんあります。

知的好奇心が旺盛な人であれば「本がないと生きていけない」と言うかもしれませんね。

さまざまな知識を吸収するために、なにより本を愛していると感じられます。

まさに千差万別です。

「これがあれば生きていける」ということを見つけている時点で、すでに幸せです。

 

さて、ここからが本題です。

充実するために欠かせないものと思っているものでも、実は「偽物」があります。

たとえば、先ほどの「音楽がないと生きていけない」という発言をする人でも、特殊なケースがあります。

音楽がないと、何も行動ができなくなったり、急に泣き出したり、いらいらしたりする人です。

これも「音楽がないと生きていけない」という状態ですが、先ほどのミュージシャンの例とは少し異なります。

心の穴を埋めるために、音楽へ依存しています。

もちろん失恋に落ち込んだり、テストで落ち込んだりなど、そういうときに音楽も必要です。

普段の自分をさらに高めたり充実させたりするための音楽は、もちろん問題ありません。

しかし、そういう場合に限らず「常に不安に襲われて、音楽がないと何もできない」というのであれば、要チェックです。

それは「楽しむこと」が行動目的ではなく「気持ちをごまかすこと」が行動目的になっています。

ないとまったく行動できなくなったり、やる気や元気が出なくなったりする場合は、行動目的が「心の穴埋め」になっています。

音楽に限りません。

音楽というキーワードを別の言葉に言い換えれば、応用もさまざまです。

  • 「友人がないと生きていけない」

  • 「本がないと生きていけない」

愛しているから「ないと生きていけない」と言っているのか。

それとも、心の穴を埋めるために「ないと生きていけない」と言っているのか。

両者は同じ発言ですが、意味はまったく異なります。

少し自分の心の内面と向き合ってみましょう。

判断ポイントは「なくても行動できるかどうか」です。

音楽がなくても、生活しようと思えば生活できるか。

友人がなくても、生活しようと思えば生活できるか。

本がなくても、生活しようと思えば生活できるか。

自分の心の穴を埋めるために、音楽・友人・本を求めているのなら、対策が必要です。

本当に目を向けるべき点は「なぜ、何もない普段から、不安や寂しさを感じてしまうのか」です。

常に不安や寂しさを感じるからには、何か原因があるはずです。

自分に自信がないからか。

両親と仲が悪く、愛を感じていないからか。

原因も一概には言えませんが「常に感じる不安」「常に感じる寂しさ」などには、必ずなにか原因があるはずです。

「心の穴埋め」より「寂しいと感じる原因の穴埋め」のほうが先決です。

穴を埋めるために、音楽・友人・本に逃げるのではなく、普段から寂しく感じる原因を探り、見つけ、改善していくことです。

本当の原因を突き詰め、なくても生きていけるような状態に戻す必要があります。

真正面からチェックしてみましょう。

それが、自分の心の内面と向き合うことです。



自分と向き合う方法 Part28

は、
めるになっていないか、する


 

 共有


 マイページ



メモ

 次の記事


 あわせて読みたい


 キーワード


 同じカテゴリーの作品


 

 もくじ(自分と向き合う30の方法)

  1. あなたが今、それをしている目的は、何ですか。
  2. 自分の内面と向き合うことは、つらい作業である。
  3. かっこいい職ではなく、やりたい職を選ぼう。
  4. 私たちは、自分を生かしきるために生きている。
  5. テレビ・音楽・明かりを消せば、瞑想のできあがり。
  6. 本当によい思い出とは、つらい過去のことをいう。
  7. 今だけに集中すれば、落ち込むことはなくなる。
  8. 本を買う前に、目的を考えよう。
  9. 他人が思うあなた。あなたが思うあなた。どれも本当のあなたではない。
  10. 私たちの本当の仕事とは、1つになること。
  11. 心は外側に表れる。
  12. 壮大なスケールで物事を考えるときには、マインドマップを活用する。
  13. とにかく自分の意思で決断する。
  14. 心の整理がつかない人は、余計なことを考えすぎ。
  15. 心の成長が健全であれば、友人が切り替わる時期が必ずやってくる。
  16. 問題解決は、早ければ早いほど、片付けやすい。
  17. 敷かれたレールの上を、意味もなく進んでいませんか。
  18. 輝く自分になるためには、心の業を取り払えばいい。
  19. 自分を変えるのではない。自分のよさを引き出すのだ。
  20. すべての現実は、愛の表現である。
  21. 現実のありがたさに気づけば、肉体的痛みさえ、感じられなくなる。
  22. 鏡は、体の外見を映す。人間関係は、心の内面を映す。
  23. 命があるだけで、十二分に幸せ。
  24. 余命を自覚したとき、人は懸命に生きることができる。
  25. 隠したいと思うことほど、誰かの役に立つ。
  26. 心の警報機の音を、無視しない。
  27. 電話は、切った後、本音が出る。
  28. あなたの楽しむ行動の裏に、気持ちをごまかすという本音はありませんか。
  29. 短所を埋める生き方より、長所を伸ばす生き方をする。
  30. 「ありがとう」と言われる行動が、愛を表現する行動である。