110件(130件中)の検索結果
初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。 12109
... 進める必要のない内容にしています。 自分のためであり、読者のためです。 読者が必ずしも、1ページ目から読むとは限 ... だという達成感があり、読後感がよくなります。 総じて、読者のためにつながります。 途中から読み始めるとわからなく ...
元気になる文章を書くには「すればいい」という表現を使う。 9945
... 章を書くには「すればいい」という表現を使う。 私はよく読者から「元気づけられました」というメールをいただくこと ... き見かけます。 「ダメ。ダメ。ダメ」と書かれていると、読者は元気がなくなります。 「何をすればいいのか」と途方に ...
読者を励ますフレーズがあれば、明るい締めくくりができる。 9447
... 魅力的な文章を書く30の方法 その27 読者を励ますフレーズがあれば、明るい締めくくりができる。 ... のですが「じゃあ、だからなに?」と思います。 作家は、読者に勇気を与えるのが仕事です。 行動を後押しする役目があ ...
理解できない原因は、あなたにあるのではなく、説明する側にある。 9447
... にあるのではなく、説明する側にある。 私は、できるだけ読者に理解できるような、わかりやすい文章を心がけています ... 。 もし、読者が理解できないなら、私の責任です。 専門的な言葉や省略 ...
書き手の波長と同じ読者が集まる。読み手の波長は、一致する。 9252
... 魅力的な文章を書く30の方法 その14 書き手の波長と同じ読者が集まる。 読み手の波長は、一致する。 読んでもらいた ... 丁寧な言葉で書きましょう。 書かれている口調によって、読者の層が変わってきます。 人間には、同じような人たちが集 ...
「その、あの」を使いすぎると、読者が混乱する。 8656
... くなる30の方法 その21 「その、あの」を使いすぎると、読者が混乱する。 文章の繰り返しを防ぐために「その、あの」 ... しかに文章の繰り返しを防いで、楽な表現です。 しかし、読者にとって理解しやすい文章にするためには、できるだけ「 ...
文章で一番力を入れるべきは、タイトルだ。 8559
... ます。 回りくどいタイトルや、わかりにくいタイトルは、読者に不親切です。 読者は、タイトルを見て、内容を想像して ... て書かれていることがわかります。 こうしたタイトルは、読者に喜ばれるタイトルです。 読者がわくわくするようなタイ ...
わくわくさせる「演出」を、するだけでいい。 8365
... カバーを透明色にして、ほかの本と差別化を図ることで、読者の注意を集めることができたのです。 私はいつも本の中で ... レーズを書くことにしています。 このフレーズは、私から読者への1つの演出です。 無味乾燥に文字を並べているだけで ...
説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。 8267
... 切なところが目立つように工夫を凝らしています。 本来、読者が探さなければいけない、要点を著者が代わりに強調して ... くれているのです。 要点が一目でわかりますから、読者が要点を探す手間がなくなります。 その分、読者は読むス ...
まず「結論」から始めることが大切。 8170
... 手はいらいらしています。 貴重な時間を使って読んでいる読者を、いらいらさせてしまってはいけません。 いらいらさせ ... 、結論から始めましょう。 「結論を最初にもってくると、読者は読んでくれなくなる」と、思われがちですが、そんなこ ...
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION