デート

彼とのデートを成功させる
30のポイント

  • 女性に求められるのは、
    酔うことより、
    酔ったふり。
彼とのデートを成功させる30のポイント

もくじ
  1. 女性に求められるのは、酔うことより、酔ったふり。

    好きな男性との付き合いでは、お酒を一緒に飲むシチュエーションがあります。
    付き合いでは、アルコールが登場するのも事実です。
     

  2. 大きな口を開けて食事をする女性に、男性は幻滅する。

    彼とのデートで、食事中に気をつけたいのは、食べ方です。
    食事を食べるとき、口を開けるのは仕方ありません。
    問題なのは、どのくらい口を大きく開けるか。

  3. 恥ずかしがる女性を見た男性は「守りたい。
    守ってあげたい」という本能が燃えてくる。

    女性は、男性の前で恥ずかしがると、モテやすくなります。
    恥ずかしがる様子を見せる女性に、男性はどきっとします。
    男性には、どこか優越感を得たい気持ちがあります。

  4. 「彼からのエッチを断ったら、嫌われるのではないか」という不安。

    好きな彼と一緒にいると、成り行きでエッチになりそうな場面があります。
    体の上でも気持ちの上でも問題なければ、成り行きに任せてもいいでしょう。
    お互いが思い合っているなら、不思議なことでもおかしなことでもありません。

  5. 男性が威張るのを否定しない。
    むしろ男性を威張らせたほうが、付き合いやすくなる。

    女性は男性を威張らせてあげましょう。
    威張る男性を嫌う女性も多いのですが、男性は威張ってこそ、より男性になります。
    威張るのは、パワフルな証拠です。

  6. 万が一のために、避妊具を持参。

    男性とデートをするとき、女性には化粧道具のほか、必ず持ち歩きたいものがあります。
    避妊具です。
    男性とデートをするなら、予想できない流れがあります。

  7. 失敗した男性に「大丈夫?」と話しかけたら、急に怒鳴られた。
    その独特の男性心理とは。

    「あっ!」
    デート中、男性がうっかり道でつまずき、転んでしまった。
    とっさに女性は「大丈夫?」と、話しかけて気遣います。

  8. 男性が失敗したら、見て見ぬふりが一番。

    女性は、男性が失敗をしたとき「大丈夫?」と話しかけるのは要注意です。
    女性の前で恥ずかしい格好を見られたうえ、気遣いをされることは、プライドのある男性には、この上ない屈辱だからです。
    生き恥をさらしているくらい、恥ずかしく感じている男性もいます。

  9. エッチをする気がないなら、彼の家に上がらない。

    「俺の家、近いけど、少し休んでいく?」
    デートの最中、彼から家に来ないかと誘われることがあります。
    「少し休んでいく」という彼の言葉を、女性はうのみにしてはいけません。

  10. 思いもよらないトラブルが発生したら、いい思い出ができたと考える。

    デート中は、思いもよらないトラブルに見舞われることがあります。
    彼の車が、高速道路上でエンストを起こした。
    彼女のスカートに、コーヒーがこぼれた。

  11. 好きな人と話をするときは、真正面を向かないほうがいい?

    あなたの運転免許証やパスポートの写真を見てみましょう。
    どこか、間抜けな顔に見えませんか。
    髪型は整い、服装も表情もしっかりしているはずですが、何か抜けているような印象です。

  12. なぜ、横ストライプを着た女性は、男性にとって魅力的に見えるのか。

    男性にとって、横ストライプの服を来た女性は大人気です。
    横ストライプの服を着た女性は、なぜか魅力的に見えます。
    もちろん個人差はありますが、かわいらしい雰囲気が出て、男性はむらむらしてくるのです。

  13. 電話やメールでも「ありがとう」と伝えれば、コミュニケーション量は劇的に増える。

    男性は女性から感謝されると、やはり嬉しいものです。
    男性は喜ばれると、嬉しくなってやる気を炎炎と燃やします。
    恋愛では、できるだけささいなことにも感謝を伝えることが大切です。

  14. いきなり男性に荷物を持ってとお願いすると、助けようとする気持ちが薄れてしまう。

    デートコースの定番の1つに、デパートがあります。
    大きな建物の中に、飲食店、洋服屋、映画館などさまざまな店が入っているので、デートにはうってつけですね。
    丸一日つぶせます。

  15. 目の前にいるにもかかわらず、わざわざメールを送って楽しませる。

    ピピピ。
    好きな人とのデート中、メールが来ました。
    「誰からだろう」

  16. いちゃいちゃした雰囲気を作るなら、脇腹をつつく。

    いちゃいちゃした雰囲気は、簡単に作れます。
    相手の脇腹をつつけばいいのです。
    相手と少し仲良くなれば、難しくはないはずです。

  17. 男性は密かに、女性から腕を組んでくることを待っている。

    デートで恋人同士が手をつなぐのは定番です。
    仲がいい雰囲気がありますし、どことなくいちゃいちゃした雰囲気がありますね。
    ところで手をつなぐだけでもいいのですが、それだけで終わっていませんか。

  18. 女性の鋭い勘が、あだになる場合もある。

    女性は勘が鋭いので、あらゆる点に疑いを抱きます。
    男性のささいな行動にも疑いを持ちやすい。
    いつもより携帯電話を頻繁に見ていると「ほかに女性がいるのかしら」と不審に思う。

  19. 男性は、笑顔で手を振ってくる女性に弱い。

    車の展示会では、笑顔で手を振ってくる女性コンパニオンをよく見かけます。
    数多くの車が並ぶ展示会では、いかに車に注目してもらうかが勝負です。
    男性は、女性に反応します。

  20. 少し甘えて、男性の自尊心を刺激するのが、もっと仲良くなるコツ。

    女性は、何でも自分で済ませず、むしろ男性に頼りましょう。
    ちょっと甘えるのがコツです。
    男性は、単純です。

  21. デート前の準備は、しすぎるくらいでちょうどいい。

    好きな人とのデート前には、準備をします。
    デート前に、どのくらい準備をしていますか。
    ・少しでも気に入ってもらうために、新しい服を購入する

  22. ダイエット中でも、好きな人の前では忘れるほうがいい。

    女性の中には、好きな人に気に入られようと、ダイエットをする人がいます。
    一緒にデートをして、レストランに入ってメニューを見ながらオーダーするとき、次のようなことを言います。
    「今、ダイエット中だから食事は遠慮します」

  23. 男性に対して、アドバイスはしない。

    会話の途中で、男性が悩みの話になることがあります。
    そういうとき、会話の流れから女性は「こうしたほうがいいよ」とアドバイスをしてしまうことがあります。
    「アドバイスをすれば、きっと喜んでくれるに違いない」

  24. どうしても男性にアドバイスしたいときの、上手な伝え方。

    基本的に、女性が男性にアドバイスをすると、男性は気分を害します。
    上から命令されたような印象を受け、プライドが傷つくからです。
    女性は、男性との会話でアドバイスはしないほうがいいでしょう。

  25. 歯ブラシを携帯するかどうかで、恋の成り行きは変わってくる。

    デートになると、普段とは違い、相手とかなり接近して話をするはずです。
    好きな人ですから、密着しながら会話をするでしょう。
    女性としても、せっかく買った新しい服を近くで見てもらいたいと思う。

  26. 男性からおごってもらったら、そのままにしていませんか。

    「デートと言えば、男性がおごるもの」
    そういう雰囲気があり、暗黙の了解があります。
    デートでは、男性が女性におごる場面が多く見られます。

  27. さりげなく「あなたのために」を含めて返事をすれば、愛情効果は倍増する。

    「もしかして髪を少し切った?」
    デートで会った直後、男性が鋭ければ、女性のわずかな変化に気づいてくれることがあります。
    好きな人に少しでも喜んでもらおうと努力した結果が実るようで、嬉しいですね。

  28. 相談なしの強引な方法が、成功する場合もある。

    以前、付き合っていた彼女から、いきなり電話がありました。
    「ミュージカルの『ライオンキング』を見に行ってきた。よかった。感動したよ!」
    彼女は女友達と2人でミュージカルを見に行ったそうです。

  29. 男性が急に沈黙になっても、驚かない。

    デート中、男性が急に沈黙することがあります。
    映画館で映画を見ているときなら、沈黙になるのは分かります。
     

  30. 男性からおごってもらうのが当たり前と思い始めたときが、危ない。

    女性は男性から、デートで食事をおごってもらうことがよくあります。
    食事をおごってもらったときには「ごちそうさま」をきちんと言っていますか。
    おごってもらったときの当然のマナーとして、ほとんどの人が言っていることでしょう。

同じカテゴリーの作品