執筆者:水口貴博

まとめ
(想像力を鍛える30の方法)
想像力を鍛える30の方法

  • 人には「想像力」という特殊能力があることを再認識する。 想像力があることに感謝して、もっと鍛えていく。
  • 想像力には、無限の可能性があることに気づく。
  • 何でもいいので、想像する機会を作る。
  • 本を読む。 特に小説を中心に読む。
  • 挿絵のない小説を読みながら、想像力を働かせる。
  • 好きなことを想像する。
  • できるだけテレビを見る時間を減らしていく。 テレビを見る代わりに、知的活動・芸術創作活動を行う。
  • 映画鑑賞を楽しむ。 同じジャンルばかり見るのではなく、さまざまなジャンルを見てみる。
  • ラジオやオーディオブックなどの音声コンテンツを利用して、想像力を鍛える。
  • 「くっきりした画像」「カラー」「動画」の3つを意識しながら、想像する。
  • 想像力を鍛える場所を選ばない。 1日10分でもいいので、何かを想像する。
  • 日記やエッセイに挑戦して、想像力を刺激する。
  • 想像力を鍛えるために、とにかく行動力を上げる。
  • 新しいことに挑戦して、経験を増やしていく。
  • いろいろな場所に旅をして、脳に刺激を与える。
  • 想像力を鍛えるときは、リラックスできる環境を整える。
  • たっぷり会話を楽しむ。 特に体験談を中心に楽しむ。
  • スキルより想像力を鍛える。
  • たくさん遊ぶ。
  • 想像力と頭の回転は別と考える。
  • 好きな音楽を聴いて、想像力を刺激する。
  • 図鑑・画集・写真集を利用して、想像力の向上に役立てる。
  • 真剣におしゃれを考えてみる。
  • 同じ行動ばかり繰り返すのではなく、たまには新しい行動パターンに挑戦してみる。
  • 童心に返る機会を作り、子ども心を取り戻す。
  • 日常のすべてにおいて、相手の立場を想像する癖をつける。
  • 架空の絵を楽しむ。
  • 説得や口説き方を考える。
  • 人生計画ノートを作って、時間をかけて本気で人生計画を練る。
  • 人間観察して、その人の過去や未来を自由に想像してみる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION