執筆者:水口貴博

まとめ
(復縁屋に復縁工作を依頼するときの30のポイント)
復縁屋に復縁工作を依頼するときの30のポイント

  • 「復縁工作はすべて悪いこと」と決め付けない。
  • きちんとした探偵や復縁屋は、合法の範囲で業務が行われていることを知る。
  • 探偵に依頼する5つのメリットを確認する。
  • 探偵に依頼したときの3つのデメリットを把握する。
  • 「無料」とあっても、どこまで無料なのか、きちんと確認する。
  • 復縁業者を頼るときは、必ず料金の確認をする。
  • 復縁屋を利用するなら、4種類の費用を把握しておく。
  • 復縁詐欺に騙されないよう、実績・評判・ランキングなどを参考にして判断する。
  • 復縁屋に依頼するときは、ある程度自分も協力が必要になることを知っておく。
  • 安さや短期間だけを基準に、業者を選ばない。
  • あらかじめ対象者に転勤の可能性があるなら、全国に支店のある業者を選ぶ。
  • 匿名は相談や見積もりまでであり、正式な依頼には本名が必要になると考える。
  • 相談場所を指定する場合、場所と交通費について注意する。
  • 契約書を交わせば会わずに依頼は可能であっても、できるだけ会うようにする。
  • 恥ずかしい事情があっても、正直にすべてを伝える。
  • 復縁屋が断りやすい依頼内容について確認する。
  • ある復縁屋で断られても、諦めきれないなら、別の業者に依頼してみる。
  • 相談や見積もりにかかる料金を、きちんと確認しておく。
  • 復縁の定義について、復縁屋と意識合わせをしておく。
  • どんなに手間暇がかかっても、きちんと契約書を交わす。
  • 業者の営業トークをすべて信じない。
  • 契約期間は、一方的に決めるのではなく、復縁屋と相談しながら考える。
  • 契約期間型で依頼する場合は、特約の確認をしたうえで、慎重になる。
  • 復縁工作の流れに入れてほしい希望があれば、無理のない範囲でお願いしてみる。
  • 男女関係だけでなく、疎遠になった家族や友人との復縁の要望があれば、復縁屋を頼ってみる。
  • 調査の進展が心配なら、証拠の提出をお願いする。
  • 調査報告の受け取り方は、リスクの小さい手段を考える。
  • どうしても紙で出てしまう重要書類は、保管に十分注意する。
  • 借金をしてまで復縁業者を頼るのは、基本的に控える。
  • 復縁工作があったことを打ち明けるかどうかは、慎重になる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION