プラス思考

つまらない人生を楽しくする
30の言葉

読んだ お気に入り5
21

電車やバスの入れ違いは、
神様からの時間のプレゼント。

電車やバスの入れ違いは、神様からの時間のプレゼント。 | つまらない人生を楽しくする30の言葉

電車のホームに着くと、入れ違いで、電車が進み始めることがあります。

バス停に着くと、入れ違いでバスが発進してしまうことがあります。

「タイミングが悪すぎ。あと10秒早ければ、乗ることができたのに」と思い、大きなため息が出ます。

頭のてっぺんから、いらいらが噴火しそうになります。

去っていく乗り物を、にらんでも仕方ありません。

実は、それでちょうどよかったのです。

ちょうど入れ違いになることで、待ち時間が長くなりますが、だからいいのです。

乗り物の入れ違いは、神様からの時間のプレゼントです。

「焦っていても仕方ない。落ち着きなさい」というメッセージです。

余裕を作るために、十分な時間が与えられました。

長い待ち時間を、余裕を取り戻す時間に使えます。

待っている間に、お手洗いに行く時間もできるでしょう。

深呼吸をして、荒くなっている息を整えたり、乱れた髪を整え直したりできます。

本を読んで、知識を吸収できます。

手帳を見て、スケジュールの再確認です。

焦っている心を落ち着かせるための時間だと考えるのです。

まとめ

つまらない人生を楽しくする言葉 その21
  • 電車やバスの入れ違いは、神様からの時間のプレゼントだと考える。
大人になると感動が減る、本当の理由。

もくじ
つまらない人生を楽しくする30の言葉
電車やバスの入れ違いは、神様からの時間のプレゼント。 | つまらない人生を楽しくする30の言葉

  1. つまらない人生になるのは「つまらない」という口癖のせいだ。
  2. 絶望したときは、車の運転を思い出そう。
    ヘッドライトをつけるから、前に進むことができる。
  3. モチベーションが低いのは、好きなことをやっていないから。
  4. 人生は、作られるものではなく、作るもの。
  5. 「羨ましい」の後に続く言葉が大切だ。
  6. 財布の掃除をすると、金運が向上する。
  7. 映画を見ながら気づいた、面白い本の読み方。
  8. 地道な仕事をすることなく、成功を収めた人はいない。
  9. スタートの合図は、誰かにしてもらうものではなく、自分でするもの。
  10. 初体験は宝箱。
    中身は、開けてからのお楽しみ。
  11. 人生は、海外旅行だ。
    観光を意識するから、異文化を楽しめる。
  12. 思うようにいかないのではない。
    手間をかけているのだ。
  13. 起死回生の喜びは、絶望を経験した人だけ、味わえる。
  14. 覚悟を決めなければ、立ち振る舞いは、美しくならない。
  15. 生きる楽しみは、視野を広げることで、見いだせる。
  16. 出口は必ずある。
    出口が見えないのではなく、隠れているのだ。
  17. いらいらしているのではない。
    人生から試されているのだ。
  18. 自分の身に起こる出来事は、すべてベストタイミング。
  19. つまらない待ち時間に時計ばかりを見ていると、余計につまらなくなる。
  20. 贅沢は、お金より、心で楽しむもの。
  21. 電車やバスの入れ違いは、神様からの時間のプレゼント。
  22. 大人になると感動が減る、本当の理由。
  23. しわは、顔にできる年輪だ。
    深みを与える力がある。
  24. 97歳で大学を卒業した男性がいる。
    年を取ると記憶力が衰えるのは、ジョークだ。
  25. 苦境に立たされたときこそ、自分の真価が問われる。
  26. 雨は洗車と同じ。
    街をきれいに洗っているのだ。
  27. 「愛している」と言わない人は「愛している」とも言われない。
  28. 自分が褒められたときは、自分の親も褒められたことになる。
  29. 自分の周りにいる人たちは、100年後には、もういない。
  30. 私たちは今、人類史上、最も恵まれた時代に生きている。

同じカテゴリーの作品