メルマガ ログイン




自立できる子供てる
30教育法


 その16
読んだ お気に入り(8)

自立するために必要なのは「親離より「子離



自立するために必要なのは「親離れ」より「子離れ」だ。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

、子離れできていない親が増えています。

「親離れ」という言葉があります。

子供が親元を離れ、自立して生きていこうとすることです。

しかし、大切なことを見落としているほうが多いです。

 

「子離れ」です。

 

親と子の関係で、まず離れようとするのは、ほとんどが子供からの場合です。

子供は思春期のころから、自分の「プライベート」を持ちたがり、自分の個性を確立させていきます。

自分から進んで興味を示し、進んで行動します。

ある人は都会に出たいと恋い焦がれるし、ある人は自分の部屋を持ちたい、一人暮らしをしたい、と思います。

その結果、若いときに親元を離れ、自分で自立しようとします。

私が高校時代にやっていた体操部には、女の子のマネージャーが1人いました。

彼女は、田舎からやってきた子でした。

高校は愛媛の中心街に近い場所にありましたが、彼女の実家は、愛媛の山奥にあります。

市や町ではなく、村なのです。

高校に入るときに、愛媛の都会の方に1人で出てきて、一人暮らしをしていました。

私は学校の帰りに、部屋を見せてもらったことがありました。

小さな部屋でしたが、きれいな部屋で整理整頓されていました。

私は「すごいな」と思いました。

なにより、高校1年の女の子が、1人で生活するのは、なかなかできることではありません。

私が高校1年のときには、まだ甘えて親と一緒に暮らしていただけに、1人で生活している彼女が大人びて見えました。

次に驚いたのが、彼女の親です。

高校1年の女の子の一人暮らしを許してくれる親は、なかなかいません。

彼女の勇気もすごいですが、親の勇気も大したものだなと感心しました。

普通の親であれば、心配で反対しているところです。

しかし、それを許してくれる親は、子供の自立のため「子離れ」できている親なのです。

往々に親は、「子供は、いつまでもそばにいてほしい」と願います。

そのために、最近では「子離れできていない親」が増えています。

過保護の家庭が増え、マザコン、ファザコンという現象が起きてしまっています。

子供の自立を本当に願うのなら、親は子離れをする必要があります。

子離れしないと、いつまでも子供は自分で立てるようになれません。

今、彼女は、福岡で看護師として勤めています。

私はいまだに連絡を取り合っていますが、大人びているところはあいかわらずです。

そんな彼女の自立は、親の「子離れ」によって実現したのです。



自立できる子供に育てる教育法 その16


 

 共有


 マイページ



メモ

 キーワード


 もくじ(自立できる子供に育てる30の教育法)


 

 同じカテゴリーの作品