ほかの人と差をつける30の仕事術


読んだ お気に入り(10)

【Part1】

ができるは、きい



仕事ができる人は、声が大きい。 | ほかの人と差をつける30の仕事術

レビに出演する人には、声の小さな人はいません。

声が小さいと、仕事にならないからです。

マイクが通らず、存在感も薄く、テレビに出ている意味がありません。

放送事故かと思われます。

出演する人は、声が大きく、はきはき話をするからこそ、会話の内容が際立ちます。

声が大きいだけで、意見は力強く、自信を持っている様子がうかがえます。

これは、社会の職場でも同じなのです。

仕事ができる人ほど、声が大きいものです。

仕事の中心は人間関係であり、人間関係で必要とされるのはコミュニケーションです。

コミュニケーションでは、声の大きさが重要です。

もちろん、度が過ぎて「うるさい」という意味ではありません。

発言するときには、堂々と声を大にして発言するということです。

声が大きい人ほど、相手としっかり意思の疎通ができます。

声が大きいだけで、存在感も説得力が出て、自分の意見が通りやすくなります。

存在感も説得力があると、社内では仕事のできる人という印象が強くなります。

仕事ができる人になりたければ、声のボリュームを少し大きくすればいいのです。

声が少し大きくなるだけで、今の仕事が向上します。



ほかの人と差をつける仕事術 Part1

きくしよう


 

 共有


 マイページ



メモ

 次の記事


 あわせて読みたい


 キーワード


 同じカテゴリーの作品


 

 もくじ(ほかの人と差をつける30の仕事術)

  1. 仕事ができる人は、声が大きい。
  2. どんなに忙しいときでも、相手の目を見て挨拶をしよう。
  3. 「なんとなく」だけで発言しない。
  4. 雑用ほど、差がつきやすい仕事はない。
  5. 刺激がなくなれば、自分から求めに行けばいい。
  6. 仕事は与えられるものではない。取りに行くものだ。
  7. お金やプレゼントは、与えた分だけ減る。気配りや励ましは、いくら与えても減ることはない。
  8. 仕事のできる人は、同じ種類の仕事をまとめて一気に片付ける。
  9. 仕事のタイミングによって、印象・難易度・進み具合に違いが出る。
  10. 諦めさえしなければ、成功は必ずやってくる。
  11. 仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
  12. 仕事で差がつくのは、1杯のお酒より、1冊の本。
  13. だらだら話す人からは、走って逃げろ。
  14. 集中力こそ、仕事の重要ポイント。
  15. 自発的になるだけで、仕事のストレスは激減する。
  16. 学校では、勉強のできない人ほど居残りをする。社会でも、仕事のできない人ほど残業をする。
  17. 趣味は、必ず武器になる。
  18. 当たり前の姿こそ、一番信頼のできる姿。
  19. 「締め切り」に、プロとアマチュアの違いが表れる。
  20. 「曖昧」をなくし「はっきり」を心がける。
  21. 言葉に加えて、身ぶり手ぶりを加えよう。
  22. 高価なスーツは、信用や自信につながる。
  23. もうひと踏ん張り頑張って、小さな差を積み上げる。
  24. 他人の悪口を言わないのは、難しい。
  25. 真面目なオーラは、背筋から出る。
  26. 人が嫌がる仕事は、「自分のレベルを上げる挑戦」と考えればいい。
  27. 計画は慎重に。行動は大胆に。
  28. 仕事は、内容を覚えるより、流れを理解する。
  29. 行き詰まったら、素直に人に相談する。
  30. プロとは、当たり前のことを当たり前にする人のこと。