メルマガ ログイン




ほかのをつける
30仕事術


 その1
読んだ お気に入り(11)

仕事ができるは、
きい



仕事ができる人は、声が大きい。 | ほかの人と差をつける30の仕事術

レビに出演する人には、声の小さな人はいません。

声が小さいと、仕事にならないからです。

マイクが通らず、存在感も薄く、テレビに出ている意味がありません。

放送事故かと思われます。

出演する人は、声が大きく、はきはき話をするからこそ、会話の内容が際立ちます。

声が大きいだけで、意見は力強く、自信を持っている様子がうかがえます。

これは、社会の職場でも同じです。

仕事ができる人ほど、声が大きいです。

仕事の中心は人間関係であり、人間関係で必要とされるのはコミュニケーションです。

コミュニケーションでは、声の大きさが重要です。

もちろん、度が過ぎて「うるさい」という意味ではありません。

発言するときには、堂々と声を大にして発言するということです。

声が大きい人ほど、相手としっかり意思の疎通ができます。

声が大きいだけで、存在感も説得力が出て、自分の意見が通りやすくなります。

存在感も説得力があると、社内では仕事のできる人という印象が強くなります。

仕事ができる人になりたければ、声のボリュームを少し大きくすればいいのです。

声が少し大きくなるだけで、今の仕事が向上します。



ほかの人と差をつける仕事術 その1


 

 共有


 マイページ



メモ

 キーワード


 もくじ(ほかの人と差をつける30の仕事術)


 

 同じカテゴリーの作品