2130件(228件中)の検索結果
辞書は、引くものではなく、読むもの。ぺらぺらめくって、知の世界を旅しよう。 6039
... ぶしをしたくなったら、本棚から辞書を取り出し、適当にページを開いて読んでみましょう。 辞書は、引くものではなく、 ... 、簡単に未知の言葉を見つけることができるでしょう。 1ページ目から読む必要はありません。 適当なページを開いて、目 ...
クレーマーとは、無償の支援者。 5987
... ます。 大変ありがたい存在です。 今、サイトのすべてのページに「目次」をつけていますが、実はユーザーからいただい ... たアイデアです。 「ページを移動しやすくするために、すべてのページに目次をつけ ...
さあ、立ち上がれ!買ったまま読んでいない本を、今から読もう。 5936
... ば、買った意味がありません。 時間が経つにつれて、本のページも黄ばんできます。 買ったまま一度も読んでいなくて、ほ ... に火がついた瞬間を見逃さないでください。 ●とりあえず1ページ目を開く 今は読みたい気持ちがなくてもかまいません。 ...
横書きは、横書きだけに統一する。 5884
... のか、横書きなのか、はっきりさせることが大切です。 1ページに縦で書かれた文章と、横で書かれた文章が混同している ... いです。 タイトルを縦にしたり、文を横にしたりしているページを見かけます。 目線が縦に動いたり、横に動いたりして、 ...
未達成で満足する経験を積み重ねていく。 5853
... られませんが、あえて途中で読むのをやめてみます。 200ページのうち、残り20ページ残して読み終えてみます。 最初は気 ... った部分は気にせず、読めた部分に集中しましょう。 「20ページを残してしまった」と思うのではなく「少なくとも180ペー ...
気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。 5833
... 体を動かさないと身につきません。 もし、気になる部分がページ全体に及ぶときには、ページごと破ってかまいません。 ペ ... しわしわになり、ラインがたくさん引かれ、ところどころページが破られているくらいでいいのです。 そうなれば、必ず本 ...
どんな本も、血と汗の結晶。本を読むときは、手を合わせてからページを開こう。 5833
... 本も、血と汗の結晶。 本を読むときは、手を合わせてからページを開こう。 本を読むときは、手を合わせてからページを開 ... するときの儀式です。 本を読むときは、手を合わせてからページを開く。 ...
薄い本ほど、中身が濃い。 5781
... 勉強をするためには、薄い本を選ぶことです。 薄い本は、ページ数は少なくて、小学生が読む本のようですが、気にする必 ... 要はありません。 ページが少ない薄い本のほうが達成感を得やすく、勉強も速く進 ...
難しいことは、シンプルに考え直してから、取りかかればいい。 5781
... 。 たとえば、勉強です。 教科書をめくれば、たくさんのページに圧倒されます。 そういうときは、まず目次だけ見てみま ... 目次は、いわば要約された内容です。 どんなにたくさんのページでも、目次はほんの数ページなので「たったこれだけ」と ...
1冊の本を集中して読まない。 5781
... 言わず、複数同時に読み進めてみましょう。 読み方も、1ページ目から順番に読むのではなく、無作為です。 ジャンルの違 ... う本を、無作為のページから読んでいると、頭の中がぐちゃぐちゃになります。 ジ ...
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION