まとめ
(別れ話で仲直りをする30の方法)
別れ話で仲直りをする30の方法

  • 振られそうな前兆があった時点で、改善に取り組む。
  • 「あなたは特別な存在」というニュアンスが伝わる言葉を考える。
  • 以心伝心に頼らず、きちんと「別れたくない」と言葉にして伝える。
  • 相手の気持ちに寄り添いながら説得する。
  • 仲直りの台本を作って、説得の練習をしておく。
  • 普通に謝るのではなく、誠心誠意、謝る。
  • 別れ話から逃げようとしない。
  • 自分にとっていかに大切な存在であるか、熱く語る。
  • 「もっと○○したかったな」という一言で、相手を申し訳ない気持ちにさせる。
  • 率直に自分の改めるべき点を聞いてみる。
  • 言葉を選びながら、気持ちを込めて、一言ずつ話す。
  • いざとなったら、涙を見せながら引き止める。
  • 徹底的に落ち込んでいる様子を見せる。
  • 改善は、精神論ではなく方法論で説明する。
  • 共通点をアピールして、貴重な存在であることを再認識してもらう。
  • 常識の範囲で、別れた後の苦しみを語る。
  • 別れると果たせなくなる約束があれば、引き合いに出してみる。
  • スキンシップを通して気持ちを伝える。
  • すぐ正式な回答ができなければ、一度保留にして、考える時間をもらう。
  • 別れ話を切り出されてから、急に連絡頻度を増やさない。
  • きちんと仲直りのアプローチをするまでは、中途半端に連絡を取らない。
  • 別れ話を切り出されたとき、本当に引き止めるのか、あらためて考えてみる。
  • 手書きの手紙で、気持ちを伝える。
  • 借りているものを返した上で、説得する。
  • 相手が甘えられると弱いタイプなら、甘えながら引き止めてみる。
  • やけになって別れない。
  • 相手が迷い始めたら、手を握って「次のデートはどこに行く?」と背中を押す。
  • 最後にデートをお願いして、相手の未練を引き出す。
  • 「好きだけど諦める」というアピールで、突き放してみる。
  • 一方的に振られても、ストーカーにはならない。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION