まとめ
(猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法)
猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法

  • 話しかけながら、ゆっくり近づく。
  • 犬と猫を同時に飼うときには、距離を離して餌をやる。
  • 生後1カ月目から3カ月目の間は、特に深く接する。
  • 落ち着きのある人になる。
  • 犬と猫の祖先に、感服の意を示す。
  • いたずらをした瞬間に、大声で一言叱る。
  • たまに猫じゃらしで、ストレスを発散させてあげる。
  • 都会で猫を飼うなら、完全室内飼いにする。
  • 少し多めに遊び道具を用意してあげる。
  • 若い時期に、慣れない水にゆっくり慣れさせていく。
  • 熱すぎたり冷たすぎたりするものは、与えないようにする。
  • 飼い主が用意した水を飲んでくれないときは、水や入れ物などをチェックする。
  • 猫が落ち着けるように、高い場所を用意してあげる。
  • 猫の鋭い聴覚に、感動する。
  • テレビに突進してもけがをしないように、保護シートを貼っておく。
  • 猫を先生にして、忍耐力を鍛える。
  • 四方で囲まれた狭い入れ物を、置いてあげる。
  • 普段の猫の様子をしっかり見て、いつもと違う様子に気づきやすいセンスを磨く。
  • 猫の排泄物から、体の内部の状態を確認する。
  • 生後3カ月間に、さまざまな刺激に触れさせる。
  • 猫用のトイレは、落ち着ける場所に置く。
  • 部屋の模様替えを前提に、猫のトイレの場所を決める。
  • 離乳直後に、いろいろなものを食べさせてあげる。
  • ほかの動物と一緒に買うときは、猫の状況によって判断する。
  • 猫の前では、走らず、歩く。
  • 電気の配線は「隠す」か「保護」する。
  • よほどの理由がないかぎり、猫を旅行先に連れて行くのはやめる。
  • 魚以外の肉を与える。
  • 出したときに餌を食べないなら、器を下げてしまう。
  • 猫の声が、人の言葉に聞こえてくるくらい、深い付き合いをする。

同じカテゴリーの作品

3:33
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION