まとめ
(結婚生活に疲れたときの30の言葉)
結婚生活に疲れたときの30の言葉

  • 結婚生活の疲れの改善に取り組む。
  • 固定観念を持たず、自分たちの結婚生活は自分たちで作る。
  • パートナーの尊敬できるところを見つける。
  • 大々的に模様替えをして、生活に新鮮な刺激を取り込む。
  • 結婚生活に完璧を求めない。
  • 煩わしい言葉は、たまには適度に聞き流して、その場をしのぐ。
  • 「適度に厳しく、適度に優しく」を心がける。
  • 後から簡単に変更できることなら、あまり難しく考えすぎない。
  • 自分を理解してもらいたければ、最初に相手を理解するところから始める。
  • 「完全な全力」ではなく「マイペースの範囲の全力」を心がける。
  • 相談するなら、できえれば近親者は避け、プライバシーをしっかり守ってくれる相手を選ぶ。
  • 落ち込んでいても、むかむかしても、挨拶だけはする。
  • ないものばかりを考えるのではなく、あるものを考える。
  • ぐだぐだでもいいので、とにかく解決に向けた行動をする。
  • ゲームやテレビと接する時間を減らし、家族と向き合って話をする時間を増やす。
  • 動作は遅くなってもいいので、愛情を持って接する。
  • 面倒な気持ちではなく、楽しむ気持ちを持って取り組む。
  • 区切りのイベントはしっかり祝って、新しいステージに移った自覚を促し、生活を引き締める。
  • 家族だからこそ、いま一度、丁寧な言葉遣いを意識する。
  • たまにはいい夫・いい妻であることを休む日を作る。
  • たまには貯金を忘れる日を作り、贅沢を楽しむ。
  • 1つ1つの話は、聞き流すのではなく、最後までじっくり聞く。
  • 家族内でも褒め合う関係を作り、習慣づける。
  • 行動の目的に疑問が生じたときは「家族だから」という原点に立ち返る。
  • 家族内の問題は、放置せず、早めに解決しておく。
  • たまには家の中でも、おしゃれをしてみる。
  • 結婚してからも、自分磨きをする。
  • 近所付き合いは、自分にとってちょうどいい距離を意識する。
  • 口論をしても、部屋のドアは優しく閉める。
  • 「一緒に頑張ろう」と励まし合い「運命共同体」という意識を高める。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION