まとめ
(合コンがうまくいく30の言葉遣い)
合コンがうまくいく30の言葉遣い

  • 理想のタイプは、語らないようにする。
  • 話題についていけないときは、勉強のつもりで聞く。
  • 出身地の話題から始める。
  • 異性の前で「恋人を探しに来た」とは言わないようにする。
  • オーダーを決めるときは「どれでもいいよ」は禁句にして、希望をはっきり言う。
  • 「かっこいい、かわいい」という褒め方はやめる。
  • 「忙しいけれど時間を作るよ」と言う。
  • 相手の持ち物を、さりげなく褒める。
  • 学生なら勉強について、社会人なら仕事について、話を聞かせてもらう。
  • 会話に優劣を持ち込まないようにする。
  • 初対面では、自己主張は少し控えめにする。
  • 女性が男性に対して「こうあるべきだ」とアドバイスをするのは、控える。
  • 合コンの初対面の相手に「誰か紹介してよ」というのは、やめる。
  • 相手の気持ちが気になっても「恋人は作らないの?」と聞くのはやめる。
  • みんなで一緒に食べられる料理を注文し、食の話題を共有する。
  • 恋人がいるのかを聞いて「いない」と返事が返ってくれば「じゃあ、今度一緒に遊びに行こう」と誘う。
  • 合コンの翌日、失態や失言を後悔したら「酔った勢いでした」と謝る。
  • 甘い言葉をかけるなら、みん何かけるのではなく、1人に集中する。
  • 「また話がしたいね」と言って、相手の心を探ってみる。
  • 相手の名前がわかれば、積極的に名前で呼ぶ。
  • 雑務を除き、休日にしていることを聞いてみる。
  • 休日にしている気晴らしを褒めて、そのままデートに誘い出す。
  • 「不健康」のテーマは避けて「健康」をテーマにした話題で話す。
  • 「面白い人だね」と言葉は、使い方に注意する。
  • 「一緒にいて安心できる」と言って、褒める。
  • 会社や上司のマイナス面ではなく、会社や仕事のプラス面を話す。
  • 「連絡しますね」と言われても、先に連絡してしまう。
  • わがままを言う前に「わがまま、言ってもいい?」と尋ねる。
  • S(サディズム)か、M(マゾヒズム)かを、話題にする。
  • 合コンの翌日「二日酔いになっていませんか」と案ずるメールを、自分から先に送る。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION